森クマblog

スマートフォン向けアプリ開発者の奮闘記

クマVSマ インシデント発生のお知らせ(随時更新)

平素よりクマVSマをプレイいただいている皆様ありがとうございます。

現在iOS版の最新 version 2.0にて以下の現象が発生する場合があります。

・クマータスの「HP/ATK/DEF/MAのアップ」「スタンプとなかマの編成変更」が保存されない(ゲーム再開時に保存前の状態に戻ってしまう)

 

修正バージョン(2.2)をAppStoreにて公開したので、iOS版の方はお手数ですが、アップデートをよろしくお願いいたしますクマ!

goo.gl

 

 

以下、障害発生から審査登録までの流れ。

 

(01:20)

 

f:id:shakeflower93:20170803215754j:plain

 

とりあえず、配信可能テリトリからこれまでダウンロードのあった国を、かたっぱしから外して非公開にする。

f:id:shakeflower93:20171203090127p:plain

(全部外すと、AppStoreからの削除処理とみなされそうだったので、最低限の国を外してみた)

Twitterとアプリにて障害報告を行う、その上で障害調査を開始する。

 

森クマ「なんでリリースビルドの時だけデータ保存に失敗するクマ、これはiPhoneXのバグの影響に違いないっクマ!!

OL「iPhone7でも発生してるわよ!!」

森クマ「」

 

(10:50)

森クマ「ログも出ないックマ!!!もうだめだー!!!」

OL「バージョン2.0でのアップデート内容を確認しなさい!!」

・Xcode8から9への移行

・TwitterKitの導入

・マダコの説明文が抜けてたので追記

f:id:shakeflower93:20170905002033j:plain

森クマ「ま、まさかマダコの説明文が!!!???」

OL「違うわ!!開発環境もビルドOSも全部変わってるじゃない!!動くほうが奇跡だわ!!デバッグビルドだけじゃなくて、TestFlightでリリースビルドも確認しないと!!」

森クマ「したックマよしたックマ!!パッとみた感じ大丈夫だったクマ!」

OL「ぱっと見じゃねぇ!!!!」

 

(11:12)

森クマ「だめだぁー!!リリースビルドだけどうしてもうまくいかないクマ・・・。」

森クマ「ほ、補填を・・・補填のお詫びマネーとスタンプとチャレンジミッションを用意するクマよ!」 

OL「落ち着きなさい!!人間の会社でインシデントをぶっ放したときのことを思い出しなさい!」

f:id:shakeflower93:20170905002033j:plain

(トラウマがえぐられる森のクマ)

OL「こうだったでしょ!!大雑把に!!」

1) 被害拡大の阻止(配信の停止、ユーザーへのお知らせ)

2) 原因の究明(げべぇえええええ!!!)、状況の定期的な報告

3) 修正の提供(修正版配布、ユーザーへのお知らせ)

OL「補填は全てが解決したあとの話だわ!!」

 

(12:18)

森クマ「にゃーん」 

森クマ「にゃーん」 

OL「現実逃避するなっ!!」

森クマ「もういやーー!!森に帰りたいクマ!!」

??「落ち着きなさい」

 

f:id:shakeflower93:20170614124532j:plain

森クマ「ガ、ガチャさん!!」

ガチャさん「おわびマネー配布計画は私に任せるがいいわ。森クマ、あなたはインシデントの原因究明に専念するがいいわ」

森クマ「ガ、ガチャさん・・・!で、でももう森のクマ、ソースコードを読むのが辛い・・・」

ガチャさん「私の部下の、ソースレビューの達人を貸してあげる!」

森クマ「いえ結構です、自分でしっかり対応いたしま

f:id:shakeflower93:20170106004842j:plain

ビスクアット「げひゃぁ!!!デグレソースコードはどこだぁ!!」

 

 (12:58)

ビスクアット「ログも出ない以上、処理を探るしかねぇ!!怪しいところを二分法で消しながら特定しろぉ!!」

f:id:shakeflower93:20170803222529j:plain

森クマ「やってますクマァ・・・やってるけど全然わからん」

ビスクアット「ちぃっ!!だったら画面上に直接ログを出しちまえよ!!」

f:id:shakeflower93:20170730200137p:plain

森クマ「えぇっゲーム画面上に直接デバッグログを!?」

 (14:09)

森クマ「ふぃぃぃできたぁ・・・これでリリースビルドでも画面上でログが確認できますクマ!」

 

ビスクアット「クマータスのデータセーブにはこのキーを使ってるんだなぁ?んん?セーブ時に毎回キャラのIDやらパラメタを文字列結合して動的に作ってるじゃねぇか!!!よし、このキーが生成後に正しく生成されているか、画面ログに出してみろ!」

森クマ「ぎぃっ!!(了解)」

森クマ「デバッグビルド時はちゃんと生成されているクマ・・・ちょっとまってリリースビルド時はクマのIDが空になってるぅううう!!!!!!キーが正しく生成できてないクマ!!

 

ビスクアット「セーブ時のキーは空になっているが、ロード時のキーはちゃんと生成されているようだな・・・キーの文字列生成処理がセーブ時とロード時で違うんじゃないか?

 

森クマ「そんなバカな、キーの生成方法をセーブとロードで変えるなんて入社1年目の社員じゃあるまいしこの森クマに限ってあぁーーー!!!!!

f:id:shakeflower93:20161229132407j:plain

森の一同「やっぱりクマのバグ、クマバグだ!!!!!」

 

(14:42)

f:id:shakeflower93:20170106004842j:plain

ビスクアット「げっへっへ、どうやらセーブ時は、一時変数にクマ野郎のIDを格納したあとに、キー文字列生成処理をかますところで、一時変数が既に解放されちまってるようだなぁ」

 

森クマ「で、でもデバッグビルド時は動いてたんですクマ!!それに、Xcode8でiOS10でビルドしていたときはリリースビルドでも大丈夫たったからこれまで問題にならなかったんですクマァ!!!これは、これはiOS11の重大なバグに違いないクマ!

OL「(文字列結合とかよくわからないけど)そうなの!?ビスクアット!!」

ビスクアット「へい姉さん!!こいつぁひでぇ、クマのコーディングミ

森クマ「小声(ビスクアットさん、もしここでクマのバグだと判明したら、クマはインシデント対応でいつまでも少女さん側のゲーム開発を手伝えませんクマ!その間ビスクアットさんは少女さんにこき使われ続けるんですよクマ!)」

ビスクアット「げひゃぁ!!これはiOS11のバグに違いないぜぇ!!

 

?「いや、これはクマの過失だ」

f:id:shakeflower93:20170618123023j:plain

森クマ「げぇっ!!!ジョスゥ!!!!」

 

ビスクアット「iOS11のバグな訳ねぇだろおおおお!!!デバッグビルドとリリースビルドじゃ(具体的に何が違うかはわかならいけど多分)メモリの解放タイミングとか何か違うかもしれねぇだろうがぁああ!!そもそもリリースビルドでの最低限のテスト手順を作ってないのが原因だぁ!!!

 

f:id:shakeflower93:20170326102713j:plain

 

 (16:32)

ウツボーヌ「こいつめ!こいつめぇ!!!」

f:id:shakeflower93:20160930001731j:plain

 

ウツボーヌ「OLさん、こいつぁ顎ラインイレイザーの刑にしましょうぜ!!」

f:id:shakeflower93:20170506143254j:plain

森クマ「待ってください、待ってくださいOLさん、この森のデバッガー兼テスターは妖精のウツボーヌですよ!!!」

f:id:shakeflower93:20160929010440j:plain

ウツボーヌ「て、てめぇ!!!テスターに罪をなすりつけるつもりか!?俺はあくまでテスター、テストを作成するのはクマの役目だろうが!!」

OL「ちょっと2人ともおちつい・・・

f:id:shakeflower93:20170615092929p:plain

森クマ「はぁああああんん!!!??設定した通りのテスト項目をなぞるだけならアッチャパルピカにもできるクマよ!」

f:id:shakeflower93:20171202164156p:plain

(さりげにディスられるアッチャパルピカ。IQ200。)

OL「ねぇ二人とも、話を・・・」

森クマ「テスターを自負するなら、テスト項目の抜けや誤りも一緒にみつけるが良いクマ!!だいたいクマはプログラム担当なんだからテストまでしっかり作ってられないクマよ、このエセNOVOうさぎがぁクマ!!」

f:id:shakeflower93:20160930001450j:plain

エセNOVOうさぎ「て、てめぇ気にしていることを!!いっぱい聞けていっぱいしゃべれるようにしてやろうかぁ!

 

わぁああああん・・・

森クマ「・・・も、森が泣いてる・・・!?」

 

f:id:shakeflower93:20170905001432j:plain

(かつてないシリアスな展開に全員がビビる)

 

?「おいおいおいおいおいおいおいおい!!今はチーム内で責任をなすりつけているときじゃないぜ!!」

f:id:shakeflower93:20160915215104j:plain

森クマ「そ、その声は!!」

 

f:id:shakeflower93:20160917090708j:plain
MAX「俺だぜ!!マックスだぜ!!」

f:id:shakeflower93:20170904003306j:plain

(だれだっけ・・・)

 

f:id:shakeflower93:20160917084417p:plain

MAX「今考えることは、責任のなすりつけあいじゃあないぜ!!まずは障害修正バージョンをリリースビルドして皆でテストだ!それからリリースしてユーザーに詫びを入れて、クマの顎ラインを削ぐのはそのあとのパーティーでいいじゃないかだぜ!!

 

f:id:shakeflower93:20170204125302j:plain

森クマ「ちょっとまって、責任の所在が最後に固定された気がす

f:id:shakeflower93:20170114234552j:plain

 

OL「そのとおり!みんな、まずは障害対応を進めるのが先決よ!クマの顎ラインを鮮血にそめるのは後からでも遅くはないわ!!」

 

(18:05)

森クマ「修正版のリリースビルドを登録しましたクマ!!」

 OL「さあみんな!テストするわよ!以下の因子でテストを作ったから、手分けして実施して!」

・アプリOS(10,11)

・アプリバージョン(新規/更新)

・クマータス(各ステータスアップ・スタンプ入れ替え・なかマ入れ替え)

スタンプ(所持枚数・ガチャ・売却)

・なかマ(遭遇有無・倒した回数・ナカマフラグ)

・ステージ(クリア状態、未クリア状態、オープニングフラグ) 

f:id:shakeflower93:20171202181710j:plain

(修正バージョンではクマータスにアプリのバージョンが表示される)

 

f:id:shakeflower93:20170611120604j:plain

森クマ「テストオーケークマー!! 」

 

(21:15)

森クマ「よっしゃあ審査登録完了クマ!寝る!」

f:id:shakeflower93:20160917084417p:plain

MAX「おいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおい!ちょっと待てよそれじゃあ通常の審査期間待たされちまうぜ相棒!こういうときは特急審査をお願いするんだ!更新版の審査申請を急ぐ理由をAppleに納得させれば、時期にもよるが倍のスピードで優先的に審査してくれるぜ!」

f:id:shakeflower93:20170730200137p:plain

 森クマ「えぇっ審査を優先的に!!??でも・・・お高いんでしょう?」

 f:id:shakeflower93:20160917084417p:plain

MAX「おいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおい!みくびるなよ相棒、Appleはインディーズ開発者の相棒だぜ!金は年間更新時だけで十分なんだぜ!」

 

f:id:shakeflower93:20170924105402j:plain

森クマ「Appleさんさすがですクマ!!特急審査お願いしますクマー!!」

f:id:shakeflower93:20171203085844p:plain

(特急審査リクエストをはじめて出した)

f:id:shakeflower93:20170611120604j:plain

森クマ「対応完了クマー!!」

OL「いいえまだよ、審査通過したらちゃんとユーザーの皆様に告知しないとね!」

 

森クマinデジゲー博2017べげぇえええええー!!

デジゲー博前夜(当日未明)・・・

f:id:shakeflower93:20171119225942j:plain

森クマ「べげぇええええええー!!!」

 

クマは、クマVSマの後半戦を作り続けているうちに、密かに申し込んでいたデジゲー博の準備をおろそかにしていたことを悔いていた。

 

f:id:shakeflower93:20171119231057j:plain

(0時を超え、先に寝る森の仲間たち。頼れるのは己だけなのか・・・)

 

 

f:id:shakeflower93:20170115005417j:plain

妖精「大丈夫か森クマ、このままでは去年の二の舞だぜ。えぇっ今からチラシ作るのかよ・・・」

 

f:id:shakeflower93:20170204135830j:plain

『だいじょぶだいじょぶ、まだ朝まで6時間あるクマ。それにみてくださいほら、森クマの調査では出展者の6割超が準備ウボァーの状態クマ。』

 

 

統計学的に出展者の6割はウボァー) 

 

 

『つまりここから寝ずに準備をし続ければ、少なくとも6割のブースよりは華やかなブースになるックマ眠い

 

f:id:shakeflower93:20171119232438j:plain

(チュンチュン)

 

f:id:shakeflower93:20171119233314j:plain

(チュンチュン)

 

f:id:shakeflower93:20171119233913j:plain

ウボァー

 

『PCで流すプレイ動画は会場で撮るっクマ!とりあえず荷物をかき集めて会場に向かうクマ!!』

 

妖精「ちょっとまて、クマがそのまま会場に行ったら撃ち殺されるぞ!デジゲェの警備員を舐めるな!」

(デジゲェの参加者は人間に限る)

 

『ちぃぃぃー!!ファミレスのジョナサンで朝までドリンクバーしている男たちにオーバーソウルするクマ!』

 

f:id:shakeflower93:20171121120452j:plain

(説明しよう、森クマは人間の街を歩くときは人間に憑依するのだ)

 

ばしゅうううううんん!!!

f:id:shakeflower93:20171121131920p:plain

(森クマがオーバーソウルすると衣服に紋章が現れる。オーバーソウルに成功したのだ)

f:id:shakeflower93:20171122025754p:plain

 

(今回は人手がいりそうなので、魂を分割したオーバーソウルで二人に50%ずつ乗り移る。背の高い方には妖精もオーバーソウルした)

(森クマAがオーバーソウルしたTシャツA。買うが良いクマ)

 

(森クマBがオーバーソウルしたTシャツB。買うが良いクマ)
  

f:id:shakeflower93:20171123130332p:plain

到着だー!!

 

サークル入場開始の9時ちょっとすぎに到着したにも関わらず、すでに各ブースの設置は進んでおり、その設営完成度の高さに驚愕する。

 

f:id:shakeflower93:20171123131923p:plain

(うそだったのか・・・6割超がウボァーだったのは・・・壁サークルにも匹敵する森クマを油断させるためのトラップだったのか・・・)

 

(周到に用意されていた罠) 

人間たちのハニートラップにハマったことを今更悔いても遅い、森クマもブース設営に取り掛かるクマ。

 

f:id:shakeflower93:20171123130815p:plain

 

森クマB「周りのゲームすごい面白そうだわ、え、これおまえのモニターなの?ノートパソコンじゃねぇか!!小さい!小さい!」

f:id:shakeflower93:20160930001731j:plain

 (次回からモニターの搬入を決心する)

 

森クマB「これはスマホ立てる台にかぶせる布・・・これは缶バッジをいれる皿・・・えぇとこれは・・・おい、何がどこに入ってるかわかんないよクマ野郎!!

f:id:shakeflower93:20160930001450j:plain

(次回から荷物の事前整理を決心する)

 

森クマB「俺たちもPCでプレイ動画を流すんだろ?早く用意しろよ!」

森クマA「動画?これから撮るクマ」

森クマB「はぁっ!?おい、事前に作っとけよぉ!!」 

f:id:shakeflower93:20160930002031g:plain

(森クマBは完全に妖精のソウルに乗っ取られる)

森クマA「あぁーもううるさいうるさい!おまえはPCを少しでも高く置く台を作るックマよ!!」

 

魂を分割したことにより、統制のとれない森のクマたち。そうこうしているうちにデジゲー博が始まってしまう。

 

f:id:shakeflower93:20171123141008p:plain

(森クマBのセッティング力は本物だったクマ。なんとかなった)

  

f:id:shakeflower93:20171121131613p:plain

(森クマBがドンキで買って来たペンと紙で作ってくれたポップ。えぇ・・・か、かわいい・・・しかし缶バッジ入れの中に森クマAがケーブルを誤ってぶち込み怒られる)

 

開場一番、森クマの盟友ネコブレイバーがリアルファイトに来る。ネコブレごときがクマに勝てるとでも思っているのか・・・

 

f:id:shakeflower93:20171121131354p:plain

(甚大なダメージによりめり込む。まだ開場10分くらいである)

(森クマがめり込んでいたカップ。買うが良いクマ)

 

f:id:shakeflower93:20171121121422j:plain

出展者の「脱出ゲームのたけうちさん」も来てくれたクマ。こちらも挨拶に行くことを固く約束する(そして完璧に忘れる)

 

f:id:shakeflower93:20171121120924j:plain

(ちくしょう・・・ななめ向かいにいるヒヨコ野郎のブース、盛況クマ・・・)

(ヒヨコ野郎のデジゲー記事)

 

森クマたちの果敢なる呼び込みにより、ようやく人間たちが森クマブースにも寄りはじめてくれる。

f:id:shakeflower93:20171123132557p:plain

(人間にオーバーソウルしたクマが、人間の来場者を呼び込む)

f:id:shakeflower93:20171123132425j:plain

初見プレイヤーがマッシュルームとマジックマッシュルームに挑んでいく。チラシと缶バッジもいい感じにはけていくクマ。

(初見でマリモを倒す人間が出現。ほんとに人間か・・・)

 

f:id:shakeflower93:20171121105459j:plain

昼過ぎになり、たっぷり寝たOLとマンタが、その辺を歩いているオフィスレディにオーバーソウルして応援に来る。森クマの喉が限界に達する中、明らかに何かを食べてきた雰囲気を感じるクマ。

 

f:id:shakeflower93:20171121105751j:plain

ブースを森クマBとオフィスレディに任せ、朦朧とした意識の中、他の出展者のゲームをみにいく。知り合いのブースを探そうとして同じところを5周くらい回ってみつかったのは2、3人だったクマ。

(このとき「脱出ゲームのたけうちさん」のことは頭から完全に消え去っていた)

 

(4Fにも行きたかったがどうやって行けばいいかわからず断念。)

 

アーバンナックルぽうひろさんのブースをみつけたクマ。森クマが主人公で出ている格闘ゲームを試遊させていただき、ちょいちょい野郎を粉微塵にするはずか逆に粉微塵にされたクマ。

 

 

f:id:shakeflower93:20171121110721j:plain

その間に森クマのブースでは、オフィスレディと坊主のコスプレが火花を散らす。マンタの次はマンボウか・・・。

 

f:id:shakeflower93:20171121113456j:plain 

(ブースに戻ると怖い4人組が来た。怖い。怖いから早々にクマVSマのプレゼントコードを教える。怖いけどブログで紹介してくれてた感謝クマ)

 

 

f:id:shakeflower93:20171121111212j:plain

ブースに寄っていただけているにも関わらず、 以前お会いした人の顔を半分以上忘却している・・・魂の分割は深刻な記憶障害を引き起こすのだ。森クマBに「おまえは人間に興味がないんだよ興味が!」と怒られ、記憶力アップを決心する。

 

グッズ販売をする余裕がなかったので、森クマに興味を持ってくれた人間には、WEBで販売しているから買ってくれとお願いする。

f:id:shakeflower93:20171121114753j:plain

しかし突然現れたカエルに、イベントの場じゃないと財布の紐がゆるまないと諭され、次回からブースでの販売を決心する。

(カエルはそのまま帰った)

 

そうこうしているうちに時間は流れ・・・

 

 

f:id:shakeflower93:20171121114204j:plain

 

(ぱちぱちぱち・・・)

 

f:id:shakeflower93:20171121120117j:plain

 

(うふふ・・・)

 

 

f:id:shakeflower93:20171121111528j:plain

(うふふふ・・・)

 

 

秋葉原から帰る途中に、中古のファミコンショップで、森クマBがみつけたタイトル「超人狼戦記ウォーウルフ」を買ったクマ。両手が剣みたいになってるとかマジで熱い、年末にやろうクマ。  

f:id:shakeflower93:20171123124853p:plain

(これは面白い、森クマたちの勘がそう囁くクマ)

  

森クマブースに来てくれたみなさま、ありがとうございましたクマー!!

また、お会いできなかった方々、ご挨拶に行けなかった方々、次回こそ森クマと握手!

 

クマVSマから始まる生物図鑑、最終章配信まであと少し!!怒涛の展開、衝撃のラストバトル、クマとマを鍛えてお待ちくださいクマー!!

 待っててねクマー!!

play.google.com

 

ここまで読んでくれてありがとうクマー!

当日ほとんど配れなかった(忘れていた)、クマVSマから始まる生物図鑑、デジゲー博限定コスチュームの入手方法をこっそり記載クマ!!

f:id:shakeflower93:20171123140147p:plain

 

1) アプリを最新にして、ホーム(新宿御苑)画面左上のお金アイコンをタップクマ!

f:id:shakeflower93:20171123140310p:plain

2) 秘密の部屋にて、デジゲー博の開催日付4桁を入れるクマよ!!

3) ひょぉー!!いえぁー!!

 

f:id:shakeflower93:20170904003306j:plain

 

【クマVSマ】後半戦アップデートについて

ここは森のゲーム開発室。新作「クマVSマ」の後半戦アップデートを9月中に予定していたが・・・

 

f:id:shakeflower93:20170924105402j:plain

 

「皆様ごめんなさい9月中のアップデートに間に合いませんクマーーー!!!!」

 

 

妖精「こいつめ!こいつめ!」

f:id:shakeflower93:20160930001731j:plain 

 

妖精「えぇ!?納期を遅れたクマがどうなるか教えてやろうか!?教えてやろうか森のクマさんよお!!!

 

森クマ「ぎぃいいいいいいーーー!!!!」

f:id:shakeflower93:20170506143254j:plain

(納期を遅れたクマは、顎ラインをイレイザーされる。たとえ何本あっても全消しされる)

 

f:id:shakeflower93:20170924103133j:plain

OL「アップデートをお待ちいただけてるユーザーの皆様、誠に申し訳ありません。時間を確保しつつ制作に励んでおりますが、まだ完成には時間がかかる見込みです。

後半戦のアップデートは10月中を予定しております。」

 

 

森クマ「しかしこのゲームをプレイしていただいているみなさん!!」

f:id:shakeflower93:20170904003306j:plain

(消された顎ラインは2秒くらいで再描画される)

森クマ「我々森のゲーム開発室は、後半戦を極上クオリティ、いやマーベラスクオリティで仕上げてみせますクマ!!」

f:id:shakeflower93:20170904005650j:plain

森クマ「そして前半戦を楽々クリアして慢心したプレイヤーたちを地獄に突き落と

 

f:id:shakeflower93:20161205003840j:plain

 

 

OL「お詫びと言ってはなんですが、ちょっとだけ後半戦の様子をお見せします!」

  

f:id:shakeflower93:20170924113756j:plain

タイトルにいながら前半出てこなかったマッドマッポ。纏うマッドオーラは並みの防御力では防げないクマ。あとシャッの舌がものすごい位置から出ていることに気づいたクマ。

 

f:id:shakeflower93:20170924114032j:plain

ガチャの値段を巡り対立する森クマ組と闇のスタンプショップ。屈指の難敵、極悪違法なマ法が森クマを襲う。新たなデバフ、クマに不利な「シャッフル」「リバース」etc...も登場!

 

f:id:shakeflower93:20170924114753j:plain

いよいよ解禁される、マーベラスガチャ。その性能は既存スタンプの斜め上をいくクマ。

 

そして明らかになる真実、強大すぎる敵、マリモの恋心の行方は・・・あなたはこのマッハの衝撃についてこれるか・・・

f:id:shakeflower93:20170924123921p:plain

 (タイトル画面も後半戦仕様に変わる予定。マタギどこにいれよう・・・)

 

森クマ「また、後半戦アップデートまでの間に、バグ修正・森クマ衣装の追加など、小規模なアップデートは随時はさんでいきたい所存ですクマ!

なので、もうちょっとだけアンインストールせずに、お待ちいただけると幸いですクマ!」

 

f:id:shakeflower93:20170924105402j:plain

なにとぞ、何卒よろしくお願いしますクマー!!

 

 

「クマVSマから始まる生物図鑑」よろしクマー!!

play.google.com

クマVSマから始まる生物図鑑

クマVSマから始まる生物図鑑

  • Takeshi Kiri
  • ゲーム
  • 無料

森のゲーム開発室メンバー紹介2017年度版クマ!

ここは森のゲーム開発室・・・新作ゲーム「クマVSマ」の後半戦アップデートに向けて、再びデスマーチに見舞われていた・・・

f:id:shakeflower93:20170803215754j:plain

 

森クマ「えぇとこの敵の特殊攻撃は・・・・ふぅ、だいぶオフィスが窮屈になってきたクマ」

OL「この森もだいぶメンバーが増えたからね。一人あたりの賃金をさらに減らさないと。」

 

f:id:shakeflower93:20170905002033j:plain

 

OL「というわけで、今日は開発メンバーのおさらいをしましょう!」

 

2017年度版:森のゲーム開発室メンバー紹介 

 

f:id:shakeflower93:20170611120604j:plain

(メンバー間の仲は良好)

 

森クマ(企画立案〜開発〜マーケティング

f:id:shakeflower93:20170905003555p:plain
 

都内の某森林公園でゲーム開発をしている森のクマ。 

かつては他のクマ同様、雄々しい茶色の毛並みを持っていたが、川でサーモンを探しているうちに凍死しそうになり純白になる。

f:id:shakeflower93:20170910111241p:plain

マンタで空を飛んだり森で少女とOLを追い回したりUMAを捕まえに行ったりと多忙。

ゲーム収益だけでは毎日の食費も稼げないため、普段はその辺を歩いているサラリーマンにオーバーソウルし、その日の賃金を掠め取って生計を立てている。

f:id:shakeflower93:20161211202903j:plain

(オーバーソウルの様子を写した貴重な写真)

 

自分が主人公のゲームを作ってブレイクし、蜂蜜を舐めるクマや熊本を守るクマに続いてビッグになりたいが、未だその願いはかなっていない・・・なぜクマ・・・

 

 

少女(コンサル→プランナー) 

森でクマに10000m追いかけられるという理不尽なヒロインを演じた人間の少女。 

 

f:id:shakeflower93:20160928235710p:plain

開発室では優秀なコンサルとして、アプリマーケティングに疎い森のクマたちのピンチをなんども救ってきた。

f:id:shakeflower93:20160915230540p:plain

 

 

しかし、森クマのゲームの改善点を煮詰めるうちに、自分がゲームを作りたくなってしまい、2016年度後半から、豹変。

f:id:shakeflower93:20161008010545j:plain

自らが主人公のゲーム企画を発案し、予算を度外視して開発体制を強引に敷き、森クマと多くの妖精たちをデスマーチの渦中に巻き込んだ。

 


  

現在はOLの説得に応じつつ、絵画の中で眠りについている。しかし裏では後述するプログラマーリーダーのビスクアットたちを占有し、着々と「少女シリーズ」の開発を進めている。

 

f:id:shakeflower93:20170114121945j:plain

なお、クマVSマでは、マ法少女ガチャさんとして乱入し、クマのマネーを搾り取っている。

f:id:shakeflower93:20170614124532j:plain

 

OL(金の亡者→会計)

元々は「森でクマさんテラヤバス」iOS版において、クマが少女を追いかけるのがAppleさんに虐待として捉えられ、再三のリジェクトの果てに少女をOLにしたら申請通ったことから生まれた。

f:id:shakeflower93:20170910121255p:plain

(OLは許された)

 

森の開発室では会計を担当しているが、金にがめつく、森クマのへそくりを勝手に持ち出してはパフェを食い漁るなど、その所業は凄惨を極めた。

f:id:shakeflower93:20170106005434j:plain

 

しかし少女さんの暴走後は、さすがにやばいと思ったのか会計の本を最初の1ページだけ読み、KPIについて知った気になりつつ、少女さんを説得。表向きは事なきを得た。

 

 

f:id:shakeflower93:20170115003103j:plain

「クマVSマ」の開発でも、KPIを考慮した課金実装による収益試算、メンバーの内紛を事前に食い止めるなど、めざましい成長を遂げた。しかし課金は実装されなかった。

shakeflower.hatenablog.com

 

ウツボーヌ(デバッガー)

森の妖精。森林の伐採を憂いている。

f:id:shakeflower93:20160929234642j:plain

開発室ではデバッガーを担当している。たが、これまでにゲームをデバッグしているところを誰にも目撃されていない。

最近、某英会話教室のうさぎに似ている気がして、内心焦っている。

 

f:id:shakeflower93:20160929010440j:plain

対立する森クマと少女さんたちの間に立ち、心がブレイクしそうになっていた森クマを憂い、元気付けたりもする。

shakeflower.hatenablog.com

 しかし、いざ会議では少女・OL側に立ちクマを恫喝する移り気な妖精である。

 

ビスクアット(プログラマーリーダー)

f:id:shakeflower93:20160929234547j:plain

ウツボーヌと同じく、森の妖精。元々は微笑みの眩しい妖精だったが、プログラムが得意だったのを少女さんに見抜かれ、プログラム工程の管理を任される。入念なソースコードレビューを行うも、元々無理スケジュールの中で不満の溜まっていたプログラマーたちからの反感を買い続け、

f:id:shakeflower93:20170106004823j:plain

こうなった。

 

f:id:shakeflower93:20170106011746j:plain

 (ビスクアットたちのオフィス。工程別に絵画の中に囚われ、少女のゲーム開発を強制されられている。)

 

アッチャパルピカ(無職)

アマゾンの森にいる伝説のUMA

f:id:shakeflower93:20170910115203p:plain

捕獲して功績をあげようとするおぞましき探検隊から逃れるため、通販で迷彩スーツや探知レーダーを手に入れ使いこなすなど、ずば抜けて高い知能を持つ。

shakeflower.hatenablog.com

 

しかし開発メンバーからはアホと思われており、未だに仕事を与えられていない。あちゃー。 

f:id:shakeflower93:20161009190740p:plain



 

・ 

森クマ「いやぁ増えましたねメンバーが!!」

OL「メンバーは増えるのに生産性は上がらない・・・まだまだ改善が必要だわ」

森クマ(今必要なのは休息クマ・・・)

 

f:id:shakeflower93:20170103152155j:plain

森のゲーム開発室、これからもよろしくお願いしますクマー!!

 

f:id:shakeflower93:20170212171944j:plain

マンタ(あれ・・・?紹介これで全部?、一人足りて無いんじゃ・・・)

マンタ(大気)

えぇっここの紹介文って自分で書くの?誰かが解説してくれるんじゃなくて?いいよじゃあ書くよ!

 川に迷入したところを森クマにみつかり、強引にハングライダーにされたのがはじまり。

f:id:shakeflower93:20161211203825p:plain

f:id:shakeflower93:20170102181524p:plain

 

本来陸では活動できないにも関わらず、タイムトリップしたメンバーたちの中で真っ先に起きるなど、活躍は多い。

shakeflower.hatenablog.com

 

他のメンバーと比べて慎ましく、あまり自己主張しないためか、未だに認知されていないが今後も最重要メンバーとして森の開発ちょっとまってフォントが薄くなってきているまってまってマタマンタまだおわってな

 

f:id:shakeflower93:20170610224227j:plain

グッズもよろしくねー!!!

 

f:id:shakeflower93:20170905080045p:plain

スタンプep3も、マもなく公開予定クマ!!

 

 

f:id:shakeflower93:20170905002449p:plain

至高のノンカフェイン

f:id:shakeflower93:20170905002559p:plain

エグゼグティ

f:id:shakeflower93:20170905002723p:plain

Coffee

 

グッズもSUZURIさんで次々販売中クマー!!

 

「クマVSマから始まる生物図鑑」よろしクマー!!

play.google.com

クマVSマから始まる生物図鑑

クマVSマから始まる生物図鑑

  • Takeshi Kiri
  • ゲーム
  • 無料

・・・来年のゴールデンウィークが遠いクマ

新作ゲーム「クマVSマから始まる生物図鑑」公開、そして・・・!

ついに新作の「クマVSマから始まる生物図鑑」を公開した森の開発室。一応のリリースに開発メンバーたちの顔にも笑顔が戻りつつあった・・・

 

f:id:shakeflower93:20170904003247j:plain

(張り付いたような笑顔を浮かべる森の仲間たち。心に刻まれたデスマーチの記憶は、簡単には消えないのだ・・・) 

 

 森クマ「いやぁ、今回もデスーチでしたねクマ。その分やりこみ要素も入れられたはず・・・たくさんダウンロードされてプレイしていただけると嬉しいクマ!」

 

 

f:id:shakeflower93:20170904011027j:plain

OL「みんなお疲れ様!今回は課金要素も入れたし、これでユーザーがじゃぶじゃぶ課金してくれれば、ぼろ儲けできるわ!今日は奮発してノルウェー産サーモン1匹買ってきたから塩ジャケ焼きにしましょう!!」

 

 

f:id:shakeflower93:20170326100853j:plain

(わぁーい!!)

 

OL「ところで、課金はどの画面からするのかしら?ガチャ画面?」

 

f:id:shakeflower93:20170904003306j:plain

森クマ「・・・」

OL「・・・」

 

OL「課金システム入ってないじゃねぇか!!!!!」

 

f:id:shakeflower93:20161205003840j:plain

f:id:shakeflower93:20170904003615p:plain

森クマ「ぎぃいいいいいーーーー!!!!」

 

OL「なんで!?課金を組み込むこと前提で収支の試算をしてたのに!!!じゃぶじゃぶじゃぶじゃぶ課金してもらわないと、この森を、開発室を運営できないのよ!?」

 

森クマ「・・・」

 

OL「・・・」

 

森クマ「つ・・・疲れちゃって・・・」

  

f:id:shakeflower93:20170326102713j:plain 

 

森クマ「だだだだいじょぶだいじょぶ、ホーム画面の森クマお願いバナーに、LINEスタンプやグッズの宣伝を入れてるクマ。グッズが売れれば課金以上に大儲けクマ!どれ、早速売れまくってること間違いなしのグッズから収益を確認してみるクマ。」

f:id:shakeflower93:20170905000437p:plain

 

 

 

f:id:shakeflower93:20170905001432j:plain

OL「あぁーーーーっ!!!!!もうダメだわ、今月のお給料も出せない!!シャケの塩焼きはおあずけよ!!!」 

 

f:id:shakeflower93:20170905002033j:plain

 

・・・

・・・

・・・

 

f:id:shakeflower93:20170904003306j:plain

このブログを今読んでいるみなさん・・・

 

f:id:shakeflower93:20170904003306j:plain

我々、森の開発室の一団は今絶滅の危機に瀕しているクマ。それはもう、マダガスカル島もびっくりの絶滅危惧種に近いクマ。

 

f:id:shakeflower93:20170904005753j:plain

このままアプリ開発を続けると、我々は深刻なマネー不足に陥り、とんでもないクオリティ(バグてんこ盛り)のゲームを作ってしまうかもしれない・・・

 

f:id:shakeflower93:20170904005650j:plain

みなさんができること・・・それは、森クマのグッズを買うこと。。。それも1つや2つでなく、家族親戚お友達知らない人の分まで買い揃えること・・・!!それが森クマゲームのクオリティをあげることに寄与す

OL「課金をイレロォ!!!」

 

f:id:shakeflower93:20161205003840j:plain

 

 

f:id:shakeflower93:20161205004109j:plain

(ひさびさにほっぺのダメージがリミットを超える)

 

まさかの課金なしで遊べる懐の深いゲーム、「クマVSマから始まる生物図鑑」。気に入ってくれたら勢いで森クマのLINEスタンプやグッズも買ってくれると嬉しいですクマ!

 

f:id:shakeflower93:20170905080045p:plain

スタンプep3「クマVSマ」も、マもなく公開予定クマ!!

 

 

f:id:shakeflower93:20170905002449p:plain

至高のノンカフェイン

f:id:shakeflower93:20170905002559p:plain

エグゼグティ

f:id:shakeflower93:20170905002723p:plain

Coffee

 

グッズもSUZURIさんで次々販売中クマー!!

 

「クマVSマから始まる生物図鑑」よろしクマー!!

play.google.com

クマVSマから始まる生物図鑑

クマVSマから始まる生物図鑑

  • Takeshi Kiri
  • ゲーム
  • 無料

「クマVSマから始まる生物図鑑」戦闘チュートリアル!

ついに新作の「クマVSマ」をリリースした森の開発室・・・しかし混乱は続く・・・

f:id:shakeflower93:20170803215754j:plain

OL「ちょっと森クマ!戦闘画面のチュートリアルがないじゃない!!

 

f:id:shakeflower93:20170730202536j:plain

森クマ「ぎぃ〜(入れ込む余力がなかったんですクマ・・・) だいじょぶだいじょぶ、適当に光っているボタンを押せばそれっぽく戦えるクマチュートリアルのないゲームこそ至高クマ。とにかく光っているものをタップするクマ!

f:id:shakeflower93:20170612074119j:plain

 

OL「今回はアプリ内にURL付きのお知らせが出せるようになっているんだから!このブログにヘルプを書いてお知らせするのよ!」

 

f:id:shakeflower93:20170730200137p:plain

「えぇっアプリ内じゃなくてブログにヘルプを!?」

 

 

f:id:shakeflower93:20170826225750p:plain

 

戦闘シーンにおいてプレイヤー(クマ)は、以下の行動ができるクマ。

・コマンドスタンプの発動

・なかマの呼び出し

 

・コマンドスタンプ

f:id:shakeflower93:20170826225900p:plain

ゲージが溜まったスタンプをタップすると、森クマのアクション(攻撃や回避、回復など)が発動するクマ。

スタンプはクマータス画面から4つまで選択できるクマ。

f:id:shakeflower93:20170827102613p:plain

 

敵も同様にスタンプで攻撃してくるけど、先にこちらの攻撃を当てることで、スタンプの発動をキャンセルすることができるクマ。

f:id:shakeflower93:20170826231305p:plain

これをスタンプブレイクマ」と呼ぶクマ。大事なことだからもう一度言うクマ、スタンプブレイクマ」クマ。

敵のスタンプ攻撃を回避またはブレイクマしつつ、自分の強力なスタンプ攻撃を叩き込むのが、勝利を掴むコツクマ。

 

 

・なかマ

f:id:shakeflower93:20170827102957p:plain

 

マから始まる生物を一定回数倒すと、なかマにすることができるクマ。

なかマにしたマは、戦闘中に呼び出すことで、いろいろなスキルを発動してくれるクマ。

 

f:id:shakeflower93:20170826230809p:plain

なかマは、召喚ゲージが対応するLVまで溜まっていないと呼び出せないクマ。

例えばスキルLV1のなかマを連れていれば、ゲージLV1まで溜まった段階で呼び出しボタンが表示されるクマ。しかしスキルLV2のなかマを呼び出すには、ゲージをLV2まで貯めた状態で呼び出しボタンを押さないといけないクマ。

 

f:id:shakeflower93:20170826230854p:plain

また、同レベルの「なかマ」が複数いる場合は、ランダムに選ばれて召喚されるクマ。

 

また、「なかマ」は敵(または敵のなかマ)の攻撃を食らうと、退場してしまうクマ。敵の隙をついて呼び出して、スキルを発動させるのが効果的クマ。

 

OL「えぇ・・・なんかいろいろややこしいわね・・・もっとこうシンプルに、一言で説明できないかしら」

 

 

森クマ「とりあえず、画面下の光っているスタンプと、時々表示される電話ボタンを適当に押せば、それっぽく敵と戦えるクマ!!」

 

f:id:shakeflower93:20170506151359j:plain

(とにかく光っているものをタップするに尽きる)

 

「クマVSマから始まる生物図鑑」よろしクマー!!

play.google.com

クマVSマから始まる生物図鑑

クマVSマから始まる生物図鑑

  • Takeshi Kiri
  • ゲーム
  • 無料

 

 

 

【cocos2d-x】TargetedActionで親ノードと子ノードを別々に動かすクマ

 ここは森のゲーム開発室・・・

新作アプリをマ夏にリリースとか言って、8月中旬くらいかなーと思ってたら、7月上旬から猛暑になってしまい、公約違反が囁かれる・・・ 

 

 

f:id:shakeflower93:20170803215754j:plain

(激烈な猛暑の中、デスマーチは続く) 

 

OL「森クマ!前に指摘したバグが残ったままじゃない!」

 

森クマ「えぇっこの完璧なコーディングにバグがあると、そう申すクマ!?そう申すクマ!!??

 

OL「ほら!あんた(プレイヤーキャラ)や敵キャラが回転して攻撃するときに、HPゲージやパーティクルまで一緒に回ってる!!」

 

 

f:id:shakeflower93:20170804083533p:plain

(キャラの回転に合わせて一緒に回転するHPゲージ。もはやライトサーベルである)

 

森クマ「ぐぅっ・・・良いじゃないですか、回転していることがより鮮明にわかって。」

OL「直せ!!ただでさえごちゃごちゃする戦闘画面なんだから!!」

f:id:shakeflower93:20170730202536j:plain

森クマ「ぎぃー!!」

 

 

f:id:shakeflower93:20161029104634j:plain

夜(25℃超え)

 

f:id:shakeflower93:20170803215927j:plain

森クマ「ぐぎぎぎ・・・だめだぁ、どうしてもHPゲージが一緒に回転してしまうクマ」

 

戦闘画面におけるキャラ表示の仕組みは、ベースとなる透明のSpriteに、キャラ画像のSpriteやステータス情報を表示するSpriteを子供として追加しているクマ。

 

f:id:shakeflower93:20170803223820p:plain

 (これが良いやりかたなのかは謎)

ベースのSpriteをActionで動かすと、子SpriteのHPゲージとかも追随して動いてくれる。 しかし、「回転しながら移動して攻撃」を実現しようとすると、HPゲージも一緒に回ってしまうのだ。

 

     baseSprite->addChild(charaSprite);

     baseSprite->addChild(statusSprite);

     baseSprite->runAction(Spawn::create( 

                                MoveBy::create(0.5, Vec2(0, 500)), // 移動しつつ

                                RotateBy::create(0.5, 360*3), // 回転だー!

                                NULL)

                            );

 

 

HPゲージは、「座標の移動」には追随してほしいけど、「回転」には追随してほしくない・・・

MoveActionはベースSpriteに、RotateActionはステータスSpriteにだけ効かせるように、それぞれActionを設定すれば良いのか・・・しかし実際には、Sequenceを利用して、「回転移動→垂直ジャンプ(回転しない)→元の位置に回転して移動・・・」みたいに複数のアクションを順次実行したいクマ・・・その場合、SpriteごとにActionを分離して動作を無理やり同期させるのは難しすぎる・・・

 

他の対策として考えられるのは、HPゲージを親ノードに追加せずに、毎フレーム座標を書き換えながら追随させるとか・・・しかし今からそんなふうに作り変えるのは面倒クマ・・・もう知らん・・・

 

 ?「げひひ・・・お困りのようだな」

 

そ、その声は・・・

f:id:shakeflower93:20170106004842j:plain

ビスクアット先生!!

(ビスクアット先生は、森の開発室のPGリーダークマ!少女さんの絵に囚われて、永遠のデスマーチを強いられ、厳しいソースレビューを続けているうちにプログラマたちからの反感を買い、心を壊してしまったクマ!)

 

shakeflower.hatenablog.com

 

森クマ「結構ですクマ!!お帰りください!!」 

 

ビスクアット「ぐへへへ・・・まぁそう言うな。少女様から早くおまえのタスクを終わらせてこっちの開発チームに連れてこいって言われてんだ・・・」

 

森クマ「えぇっ・・・いやクマ・・・」

 

「今日紹介する関数はTargetedActionだ!これを利用すれば、親ノードの一連の動作を定義したSequenceActionの中に、別のNode(子ノードも可)を個別に動かすActionを含めることもできるんだぜ・・・最高だろう」

 

f:id:shakeflower93:20170730200137p:plain

森クマ「えぇっ!?子ノードを個別に!?」 

    baseSprite->addChild(charaSprite);

    baseSprite->addChild(statusSprite);

    baseSprite->runAction(Spawn::create(

                MoveBy::create(0.5, Vec2(0, 500)), 

                TargetedAction::create(charaSprite, RotateBy::create(0.5, 360*3)), // キャラの画像だけ回転させる

                NULL)

    );

 

f:id:shakeflower93:20170804083351p:plain

 森クマ「できたー!!!!ありがとうございますビスクアット先生!お帰りはこちらですクマ!!」

 

ビスクアット「それにしても汚いコードだな・・・どれ、俺様が少しレビューしてやろう・・・」 

 

森クマ「あぁーっ!!!」

 

f:id:shakeflower93:20170610223530j:plain

 

Android/iOS合わせて予約500人突破!あと少しで伝説のあのスタンプが解禁クマ!

(これ以上解禁しちゃうと序盤のゲームバランスが死ぬクマ)

f:id:shakeflower93:20170615090448j:plain

 

f:id:shakeflower93:20170803222529j:plain

(はやく絵の中に帰っておくれクマ・・・)