森クマblog

森のゲーム開発室の活動記録

FireAlpacaで複数レイヤをまとめて編集する方法クマ

森クマのLINEスタンプ第3弾公開から早2ヶ月・・・

f:id:shakeflower93:20161008013317j:plain

 

 『第4弾は、クマの狂気をそのままに、使いやすさも追求したいクマ!そしてクオリティをあげたいクマよ!

 

f:id:shakeflower93:20171222091630j:plain

OL(クマの狂気・・・このクマ自分の狂気を認識していたのね・・・)

 

『製作はこれまで同様、使い勝手のいいFireAlpacaを使うクマ。でも1つ悩みがありまして・・ レイヤをまとめて動かしたいんですクマ。

 

OL「レイヤを?まとめて?」

 

『たとえば絵の部分を、何枚かのレイヤに分けて管理していたときに、絵全体をもうちょっと移動したり拡大縮小したいときがあるクマ。』

f:id:shakeflower93:20180217151329p:plain

OL(なんだこのスタンプは・・・どういう場面で使うことを想定しているのか・・・) 

 

『しかしレイヤは1枚ずつしか編集できないから、まとめて動かせないんですクマ。』

f:id:shakeflower93:20180217151359p:plain

『どうしてもまとめて動かしたいときは、合成してから移動していたクマ。合成しちゃうと元に戻せないから、塗り残し等のミスは極力注意してないようにしてるクマ。』

f:id:shakeflower93:20180217151719p:plain

極力注意して

f:id:shakeflower93:20180217155827p:plain

(ドーナツの穴に塗り残しが!!)

 

 

f:id:shakeflower93:20180119123952p:plain

『うわぁあああー!!!レイヤを分ける前までCtrl+zやり直しだー!!!』

f:id:shakeflower93:20180112165608p:plain

OL「レイヤフォルダーを使えばいいんじゃない?」

 

『な、なんですかその難しい用語はクマ。』

 

OL「ほら、レイヤウインドウの下のアイコンに、フォルダのマークがあるでしょう?」

f:id:shakeflower93:20180217152003p:plain

(確かにある。今までなんなのこれって思いながらずっとクリックをためらっていたのだ・・・なにこれクマ)

 

OL「クリックするとレイヤーリストの中にフォルダができるでしょ?」

f:id:shakeflower93:20180217152029p:plain

f:id:shakeflower93:20170730200137p:plain

『ま、まさかこのフォルダは・・・!!このフォルダにまとめて管理したいレイヤをドラッグしていくと・・・!?』

f:id:shakeflower93:20180217152313p:plain

(まとめて管理したいレイヤを入れていくと・・・!!??)

 

『ひょおおー!!!フォルダを選択した状態で移動すると、フォルダの中に突っ込んだレイヤが全部移動したクマー!!

f:id:shakeflower93:20180217152716p:plain

 『拡大縮小もできるぅううう!!!!』

f:id:shakeflower93:20180217152751p:plain

OL「フォルダは入れ子にできるから、レイヤの入れ子構造を作れるみたいね。親フォルダを選択すれば全部まとめて動かせるし、子フォルダだけ個別に動かすこともできるわね。」

f:id:shakeflower93:20180217153409p:plain

『くぅううー!!こんな隠し機能を埋め込んでいやがったとはクマ!!アルパカメェエエエ!!!』

 

f:id:shakeflower93:20171222091630j:plain

OL「Googleで、FireAlpaca レイヤ まとめて とかで検索したら、すぐに解説ページが出てきたわよ」

 

f:id:shakeflower93:20180202081933p:plain

『』

 

レイヤーフォルダを活用しまくって作った至極のLINEスタンプついに第4弾が審査中になったクマ!!

f:id:shakeflower93:20180216105811p:plain

 公式からガイドブックが・・・!!まだまだ知らない機能があるというのかクマ・・・

これまでレイヤフォルダを使わずに作った第1〜3弾のスタンプもよろしクマー!!

f:id:shakeflower93:20180105095911p:plain

(第1弾。両手にサーモン)

 

f:id:shakeflower93:20180105095922p:plain

(第2弾。少女を救う感動の物語が描かれる)

 

f:id:shakeflower93:20180105095932p:plain

(第3弾。コーヒーに関係したスタンプは3枚しかない)

 

BOOTHで森クマのトートバッグが出たよ!!みてみてねクマー!!

morikuma.booth.pm

:

:

;

f:id:shakeflower93:20180216105811p:plain

 

f:id:shakeflower93:20170904003306j:plain

(審査中になってからもう4日たった・・・だ、大丈夫かしらクマ・・・)

Unity2Dでフィギュアスケート男子シングル開始のカウントダウンをしながら氷の上を滑って冷凍サーモンを食べまくるゲームを作ったクマ

ここは森のゲーム開発室・・・クマたちは少女が構想する新作ゲームの開発に明け暮れていた・・・

 

f:id:shakeflower93:20180105095213j:plain

(メンバーの風当たりは強い。)
 

森クマ『辛い・・・心が、心が張り裂けそうクマ。こんなときは1日程度で作れるミニゲームを作って公開するクマよ』

shakeflower.hatenablog.com

(前にCocosCreatorで作ったミニゲームをちょこちょこ改造すれば、あっという間クマよ)

 

『せっかくオリンピックに便乗してスケートとスキーをするマグカップを作ったから、スケートのゲームを作ろうクマ』

(乗れるものはなんでも乗る、それが森のクマ) 
 

f:id:shakeflower93:20180215113726p:plain

『うん、だいたいできたクマ。シミュレーターでも動いてるし・・・あとはビルドックマ!』

 

f:id:shakeflower93:20180215100101p:plain

f:id:shakeflower93:20170905002033j:plain

CocosCreator(1.4)でビルドできないクマ!!!

 

f:id:shakeflower93:20180215100043p:plain

(なにこのunlinkって!!あるじゃんファイルあるじゃんクマ!!)

 

『こうなったらCocosCreatorを最新の1.8にして・・・』

 

f:id:shakeflower93:20180215100157p:plain

(プロジェクト自体が開けなくなった。ダイアログが消えないままエラーログが大量に出る)

 

f:id:shakeflower93:20180112170129p:plain

(1日くらい格闘するも光明はみえず)

『うぎぎぎg・・・せ、せっかく作ったのに、、、こうなったらもうUnityで作るックマよ!!次のゲームもUnityの予定だから勉強にもなるし、少女さんたちも許してくれるはず・・・』

 

f:id:shakeflower93:20180215093527p:plain

(Unityは2Dも作れるらしい。ここからは初めての経験クマ・・・)

 (3Dに加えて2Dの作り方も掲載されていて便利クマ。今回もこの本を足がかりに作っていくクマ)

・当たり判定

主人公のクマにRigidBody 2DとCircleColider 2Dを装着。

 

f:id:shakeflower93:20180215100329p:plain

(キャラクターは、空のGameObjectの中に子Spriteを入れる構成にした。)

f:id:shakeflower93:20180215091548p:plain

(親にRididbodyを)

f:id:shakeflower93:20180215100355p:plain

(子のSpriteにColiderを追加)

 

敵のアザラシとアイテムのサーモンのプレハブにも、BoxColiderを装着(なんでこっちは四角い当たり判定にしたのだろうかクマ・・・)

f:id:shakeflower93:20180215100437p:plain

(RigidBody は干渉するどちらかのオブジェクトについてれば物理計算が適用されるみたいなので、今回は省略)

 

物理衝突による干渉計算は必要ないので、アザラシとサーモンのColiderのisTriggerを有効にして、OnTriggerEnter2Dによる当たり判定のみに使えるようにしておく。

f:id:shakeflower93:20180215100516p:plain

(これも、ぶつかるオブジェクトのどちらか片方だけisTriggerrが有効になってればOnTriggerEnter2Dメソッドが呼ばれるみたいクマ)

 

衝突時にアザラシかサーモンか識別できるようにタグも設定クマ。

f:id:shakeflower93:20180215101037p:plain

 (えねみー)

プレイヤーオブジェクトに設定したスクリプト内のOnTriggerEnter2Dメソッド内で、タグで処理を振り分け

f:id:shakeflower93:20180215100703p:plain

3D時に使うOnTriggerEnterを最初設定していまい3時間くらいメソッドが呼ばれない現象に悩んだクマ)

 

・アニメーション

Animationウインドウでコマ割りを作って

f:id:shakeflower93:20180215094024p:plain

メカニムを設定して

f:id:shakeflower93:20180215094628p:plain

(走ってるアニメとジャンプのアニメを真偽値で切り替えられるように設定)

 

・敵の動き

AssetsのDOTweenで動きを設定。なにこれすごい便利クマ・・・cocos2dxのActionを超えているのでは・・・Sequence使いやすすぎる・・・f:id:shakeflower93:20180215094759p:plain

cocos2dxだと、1つのSequenceActionの中で複数のオブジェクトを動かすには、TargetedActionを使わないといけなかったけど、DOTweenだとフラットに書ける・・・神か・・・

(ただ、座標を動かすDOMoveを1つのオブジェクトに同時に2つ以上適用してしまうと、移動座標がおかしくなったクマ。cocos2dxだといい感じにマージしてくれたクマね・・・なんかやり方がおかしいか、方法があるのかしら・・・)

 

WebGLビルドォおおお!!!!

f:id:shakeflower93:20180215101312p:plain

 

Githubにどーん!!

f:id:shakeflower93:20180215101808p:plain

 

f:id:shakeflower93:20161008013317j:plain

『できたぁああ!!できたクマよ!!!!』 

 

f:id:shakeflower93:20180215112004p:plain
 

Unity WebGL Player | OlyKumaSkate

(こちらが完成品になりますクマ。)

 

森クマ『うーん、一応動いてはいるけど、ジャンプ時のアニメーションがうまく切り替わらないクマね・・・メカニムの設定がおかしい??』

 

なんかむずむずするところ一覧

・ジャンプ時のアニメーション切り替えがおかしい(ジャンプアニメーションにすぐに切り替わらない時がある)

f:id:shakeflower93:20180215120051p:plain

(メカニムの設定をみなおすクマ)

・スマフォでプレイ後に、シェアボタンからしようとすると、ブラウザでTwitterページが開きログインしないとツイートできない。できればTwitterアプリを開きたい。

(そもそもスマフォブラウザはサポートしていないから仕方ないのかしら・・・)

・別タブを開こうとするとポップアップでブロックされる。現在のタブで開くと、戻って来た時にゲームがリロードされてしまう

(ネットで調べると上記2つの実装方法があったけど、どちらがいいのか、そもそもスマフォでは未サポートなのか)

・音がない(いれたい)

 

f:id:shakeflower93:20180215114319p:plain

『まあおいおい作ればいいクマ(フィギュアはもう24時間後に始まってしまうが)うふふ・・・今日の進捗会ではみんな驚くクマよ』

 

・ 

f:id:shakeflower93:20180131102006j:plain

(進捗会)

f:id:shakeflower93:20180202081142p:plain

少女「それでは今日の進捗会議をはじめます。今日は森ククマさんから」

 f:id:shakeflower93:20161008013317j:plain

森クマ『はいっ!!今日は技術鍛錬の意味を含めて簡単なミニゲームをつくっ

 

f:id:shakeflower93:20170106004842j:plain

ビスクアット先輩「このクマやろおおおおお!!!!!てめぇ開発せずになにやってんだぁああああ!!!!!」

f:id:shakeflower93:20180202081026p:plain

(ここがブラックな開発室であることを思い出す)

ビスクアット先輩「進捗をなんだと思ってるんだぁあああ!!!少女さん、いやプロジェクトマネージャー様、このクマは俺が責任持って叱りつけておきます!!」

 f:id:shakeflower93:20180202081142p:plain

少女「任せるわねビスクアット。でもねビスクアット、あなたの管理責任は免れないわよ。あとでマンタの叩き部屋に来なさい」

f:id:shakeflower93:20180131093533p:plain

ビスクアット先輩「」

 

(追記)

アーバンナックルのぽうひろさんが実況プレイしてくれたクマ!

 しかしバグがあり、アザラシの行動パターンが2つしかなかったため、単純ゲーになってしまっていたクマ。

さらにコードを改善できるご指摘をいただけたクマ。そもそも作りが悪かったクマね・・・

 (ほんとだクマ!!)

f:id:shakeflower93:20180215114557p:plain

f:id:shakeflower93:20180215114609p:plain

『いやぁ、Unityって怖いですねクマ!!』

 

Unity WebGL Player | OlyKumaSkate

(作ったゲームのリンクはこちら↑)

オリンピックマ限定マグカップもよろしくねー!!!

f:id:shakeflower93:20180215113825p:plain

f:id:shakeflower93:20180215113819p:plain

 

f:id:shakeflower93:20180215114005p:plain

(WINTER COFFEE BREAKUMA!!)

f:id:shakeflower93:20180131093533p:plain

ビスクアット先輩「デバッグしやがれこのクマやろおおお!!!Unityは関係ねぇえええ!!!」

f:id:shakeflower93:20180215114806p:plain

クマVSマから始まる生物図鑑 バフ・デバフの種類紹介クマ!

f:id:shakeflower93:20170904003306j:plain

森クマ「ふふふ・・・あなたがこの記事を読みにきたということは、ゲーム・クマVSマから始まる生物図鑑の、プレイヤーと敵キャラに付与されるバフ/デバフの効果がいまいちわからない、ということではないですかクマ?」

f:id:shakeflower93:20171222091630j:plain

OL(そりゃあゲーム内に説明が一切ないからね・・・)

 

 

・ATKアップ(バフ)

f:id:shakeflower93:20180213140221p:plain

ATKを一時的にアップするクマ。40%ほど(多分)。これはわかりやすいクマね。

ダメージを与えるスタンプの威力が単純に上がるので強力クマよ。

スタンプ「エグゼグティブcoffee」やなかマ「マラカス」が使えるクマ。

 

・DEFアップ(バフ)

f:id:shakeflower93:20180213140323p:plain

DEFを一時的にアップするクマ。

防御力を貫通する攻撃には無力クマ。なかマの「マダガスカルホシガメ」とかが発動できるクマよ。

 

・MAアップ(バフ)

f:id:shakeflower93:20180213140623p:plain

MAを一時的にアップするクマ。MAは呼び出したなかマのATKとDEFに換算されるので、なかマのスキルの威力を底上げできるクマ。今の所このバフを発動できるスタンプ・なかマはなかったような・・・

 

・シールド(バフ)

f:id:shakeflower93:20180213163647p:plain

ダメージを半減させるシールドを展開するクマ。DEFアップとの違いは、ダメージ計算の最後に軽減処理が適用されるので、防御を貫通する「てつざんこう」や「マガフレア」のダメージも軽減できるクマ。ただしこのバフを発動するスタンプやスキルはいずれも発動後しばらく動けないので、使い所は難しいかもクマ。

スタンプ「ガード」などで発動できるクマよ。

 

・復活(バフ)

f:id:shakeflower93:20180213141514p:plain

このバフが付与されている間に倒されると、HPを半分回復して復活する強力な効果クマ。後半のボスをなかマにするとこちらも使えるクマ。逆にこれを主軸に使ってくる敵に対しては、バフを剥がしてから倒す戦法が必要になるクマよ。

・反射(バフ)

f:id:shakeflower93:20180213153400p:plain

受けたダメージを相手に跳ね返すクマ。1回跳ね返すとバフは解除されるクマ。

強力だけど、発動できるなかマは終盤の登場なので、今の所使う機会は少ないかもクマ。

 

つづいてデバフの紹介クマ!

 

・ATKダウン(デバフ)

f:id:shakeflower93:20180213163813p:plain

ATKをダウンさせるクマ。スタンプ「ひらにひらに」などで発動できるクマ。かなりのダメージを抑えられるので、DEFアップやシールドと併用すると格上相手でも十分に渡りあえるクマよ。

・DEFダウン(デバフ)

f:id:shakeflower93:20180213164016p:plain

DEFをダウンさせるクマ。強敵に使われると思わぬダメージを受けるクマよ。なかマで使える奴はいたかしら・・

 

・MAダウン(デバフ)

f:id:shakeflower93:20180213164135p:plain

MAをダウンさせるクマ。スタンプ「まぁまぁ」などで使えるクマよ。なかマ召喚を多用する相手に使いたいクマね。

 

・毒(デバフ)

f:id:shakeflower93:20180213153506p:plain

一定時間ごとにHPがじわじわ減っていくクマ。スキルによって、ダメージ間隔と継続時間が異なるクマ。特にHPが少ない序盤では致命傷になるので、スタンプ「森のシャワータイム」などで手早く回復していきたいクマね!なかマの「マムシ」が一番手っ取り早く使えるクマよ。

 

・封印(デバフ)

f:id:shakeflower93:20180213153546p:plain

スタンプのチャージをランダムに1つ空にした上で、使えなくするクマ。

回復スタンプなどを潰されるとかなり厄介クマ。逆に相手に使うことで、戦力を大幅に削ることもできるクマ。

なかマにした「マスキングテープ」とかが使えるクマ。

 

・睡眠(デバフ)

f:id:shakeflower93:20180213153610p:plain

一定時間、全スタンプのチャージが停止し、使えなくなる凶悪なデバフクマ。

なかマは呼べるので、このデバフを使う敵を相手にするときは、眠らされてから召喚すると被害を防げるかもクマ。節分イベントでなかマにできる「豆狸」はこのデバフを解除できるクマよ。

 

・誘惑(デバフ)

f:id:shakeflower93:20180213153938p:plain

HPが徐々に相手に吸い取られるクマ。毒と同様に、一定時間ごとにダメージによる無敵時間が発生するので、攻撃が当たらなくなる副作用もあるクマ。なかマの「マルクス」とかが発動できるクマ。

 

・呪い(デバフ)

f:id:shakeflower93:20180213153923p:plain

回復効果がダメージになる極悪なデバフクマ。回復自体が封じられるも同然なので、このデバフは極力回避したいクマ。逆にHPが多くて回復技を多用する相手にはぜひ使いたいクマ。なかマにした「マダム」がカウンター的に発動できるクマ。

 

・暗闇(デバフ)

f:id:shakeflower93:20180213161514p:plain

スタンプの判別・チャージ状態が不明になるクマ。食らうとかなり厄介で、思うようにスタンプが発動できなくなるクマ。なお敵にこのデバフを与えても今の所意味はないクマ、さすがAI。

 

f:id:shakeflower93:20171222091630j:plain

(最後のはサボりなんじゃないか・・・)

 

f:id:shakeflower93:20170904005753j:plain

 森クマ「以上になりますクマ!!攻略の一助になれば!!」

f:id:shakeflower93:20180123102607p:plain

Get it on Google Play
 

f:id:shakeflower93:20180208082735p:plain

バレンタインイベント開催中!!

f:id:shakeflower93:20180213164628p:plain

 

グッズも好評販売中クマー!!

(次回もよろしくねー!!)

LINEスタンプにタグ設定をしてオートサジェストを試してみるクマ

ここは森のゲーム開発室・・・

森のクマがダークサイドに引き込まれる前のお話・・・

f:id:shakeflower93:20171230194659p:plain

f:id:shakeflower93:20180208074844p:plain

森クマ:ゲームを作る森のクマ。デスマーチの権化。

f:id:shakeflower93:20180208074923p:plain

OL:森の会計士。収益をパフェに使いこむ。

f:id:shakeflower93:20180208075000p:plain

ウツボーヌ:森の妖精。デバッグを担当しない。

f:id:shakeflower93:20180208075022p:plain

アッチャパルピカ:未確認のUMA

f:id:shakeflower93:20180208075054p:plain

マンタ:マンタ

 

森クマ「ひゅうう森クマのスタンプRPGスマホゲームCH様に紹介いただいたクマよ!」

(丁寧なレビューありがとうございましたクマ!)

 

f:id:shakeflower93:20180208075122p:plain

森クマ『そこで今日はスタンプの話題クマ!そろそろLINEスタンプ第4弾を作ろうと思うんですクマ!!』

 

f:id:shakeflower93:20171222091630j:plain

OL「ふーん」

森クマ『えっ・・・乗り気じゃない』

OL「いやね、第3弾はゲームで使用したスタンプを入れた結果、微妙に使い所に困るスタンプが多かった気がするの。今回はもっとトーク相手を意識したスタンプを増やしたいわね。」

 

森クマ『ふふふ・・・そこで第4弾は相手を応援し気遣いまくる、森クマのまごころスタンプでいこうと思うクマ!』

 

f:id:shakeflower93:20180208075509p:plain

(相手をウニで応援するスタンプ)

OL「私もLINEを使うけど、いざ作る側になってみると、どんなスタンプが使われそうかわからなくなるわね。あとウニは無いんじゃないかしら。」

森クマ『実はLINEスタンプにはオートサジェスト機能ってのがあって、スタンプに規定のタグを設定しておくと、LINE上で文章を打ち込んだ時に、シチュエーションに対応するスタンプが候補として出てくるらしいクマよ』

 f:id:shakeflower93:20180208084013p:plain

(こんな感じの機能)

 

森クマ『今回は第3弾のスタンプにタグ設定をしていきながら、どんなタグが用意されているかを確認していくクマ。新規にスタンプを作る際も、タグに合わせてスタンプを作れば、おのずと使う場面が出てくるはずクマよ

f:id:shakeflower93:20180208084926p:plain

(第4弾スタンプ候補、やってやろうぜ。) 

 

f:id:shakeflower93:20180208080007p:plain

 (管理画面でタグ設定を選択)

f:id:shakeflower93:20180208080415p:plain

森クマ『タグは[会話]や[表現]、[感情]などの種類が用意されているックマ。1つのスタンプに対して3つまで設定できるクマよ。』

f:id:shakeflower93:20180208080941p:plain

 

f:id:shakeflower93:20180208084013p:plain

『対応する文字を入力すると、こんな感じで候補に出てくるクマ。これは使われる頻度が上がりそうクマ!』

f:id:shakeflower93:20180208080701p:plain

森クマ(ぐっ・・・なんだこのスタンプ、対応しそうなタグがまったくない・・・)

 

f:id:shakeflower93:20180208080746p:plain

ぐぎぎぎ・・・・

 

f:id:shakeflower93:20180208080838p:plain

くぅううう・・・!!!なんなのこのスタンプ使い所がわからん・・・!!

 

f:id:shakeflower93:20180208081013p:plain

(連続で使うことを前提としたようなスタンプは特にタグ設定がしづらい・・・1つ1つ独立しても使えるようなスタンプが望ましいクマね・・・)

 

f:id:shakeflower93:20180112165608p:plain

OL「なるほど、これはいい勉強になるわね。使う場面が限られてたり、想定できてないスタンプにはタグを設定するのが難しそうだわ。あとウニは無いんじゃないかしら」

 

f:id:shakeflower93:20180202081933p:plain

森クマ『うーんたしかに・・・とりあえず設定できるスタンプには全部設定したクマよ!タグ設定についても審査が必要クマね。申請するックマ』

 

(後日・・・)

 

森クマ『ひゅぅー!!審査が通過したからリリースしたックマよ!スタンプが使われる頻度どのくらい上がったかみてみるクマ!』

 

f:id:shakeflower93:20180208084349p:plain

 (1/23あたりにリリース)

 

f:id:shakeflower93:20171222091630j:plain

・・・うん、あんま変わらない。

 

森クマLINEスタンプ第4弾「クマのまごころスタンプ」申請中!!出たら使ってねクマー!!

これまでに出した第1〜3弾のスタンプもよろしクマー!!

f:id:shakeflower93:20180105095911p:plain

(第1弾。この時はまだ目が離れていた)

 

f:id:shakeflower93:20180105095922p:plain

(第2弾。少女を畜生から救う感動の物語が描かれる)

 

f:id:shakeflower93:20180105095932p:plain

(第3弾。コーヒーに関係したスタンプは3枚しかない)

 

森クマのゲームも遊んでみてねー!!

f:id:shakeflower93:20180123102607p:plain

Get it on Google Play
 

f:id:shakeflower93:20180208082735p:plain

バレンタインイベントも準備中!!(間に合うのか・・・)

 

グッズも好評販売中クマー!!

f:id:shakeflower93:20180208082816p:plain

(次回もよろしくねー!!)

Sculptris+Blender+Unityで女の子をゲームで動かすクマ

ここは森のゲーム開発室・・・前回までのあらすじ!!

f:id:shakeflower93:20180131102006j:plain

 

プランナーの少女が要求する3Dモデルを作ろうとするとどうしてもクリーチャーになるので、クマの3DモデルをUnityにインポートしてゲームのプロトタイプを作った。事情を説明すると豪語していた先輩はビジネスパートナーの面談を理由に逃亡したックマ。

f:id:shakeflower93:20180202081142p:plain

(プランナーの少女。自分が主人公のゲームを作りたい)

f:id:shakeflower93:20180131093533p:plain

(ビスクアット先輩。少女の無茶振りをメンバーに振り自分は逃亡する)

f:id:shakeflower93:20180202081026p:plain

(ゲームを作ることを強制される森のクマ。先輩が逃亡し窮地に立たされる)

 

f:id:shakeflower93:20180202075906p:plain

少女「さあ、私の3Dモデルが動いているゲームのプロトタイプをみせてちょうだい!2時間あげたんだからもうできてるわよね!」 

f:id:shakeflower93:20180202075806p:plain

森クマ『しょ、少女さん!!じじじじ実は少女さんのモデルはまだカカカカカカカカカカカカか完成ししししししてててててて』

f:id:shakeflower93:20180131100608p:plain

マンボマンボー「ま・・・まってください少女さんボー。Blenderをインストールできましたんボー!」

(初期開発メンバーのマンボマンボー。数万回叩かれている)

 

少女「みせてみなさい」

f:id:shakeflower93:20180206142810p:plain

少女「マンボマンボー、これBlenderじゃない!!Unityよ!!!」

f:id:shakeflower93:20180131105034p:plain

 

 

こ、こうなったら今のうちになんとかするックマよ!

森のクマオーバーヒート!!

 

ステップ1 Sculptrisで3Dモデルを作る

前回はどうしてもクリーチャーになってしまったが、なんとなく操作方法はわかってきたクマ。いろいろ機能をあれこれ使うより、いくつかに絞ってやってみよう・・・

(以後、SculptrisのSの字もわからないクマがごちゃごちゃ試した内容になります。)

 

 ・[GRAB]を[Global OFF]にして使うと、うにーっと突起を引き出せる感じ。髪の毛とかはこれでいけそうクマね・・・

f:id:shakeflower93:20180206131639p:plain

・さらに、[shiftキー]を押しながら動かすと各操作機能の効果が反転するクマ。[GRAB]なら掴み出すんじゃなくて押し込む感じになるクマ。

 

f:id:shakeflower93:20180206131840p:plain

・メニュー[SMOOTH]を使うと、こねくり回しすぎてバキバキになってきた部分とかをなめらかに戻せるクマ

f:id:shakeflower93:20180206132257p:plain

 

f:id:shakeflower93:20180206132349p:plain

・最初の1つの球だけで無理に作らずに、必要に応じて新しい球を追加していくクマ。

f:id:shakeflower93:20180206132740p:plain

三頭身の人間なら、頭+胴体+足って感じで3つの球から作るクマ。

f:id:shakeflower93:20180206132924p:plain

もういっこ下に追加

f:id:shakeflower93:20180206133047p:plain

ごねごねごねごね・・・

f:id:shakeflower93:20180206134135p:plain

f:id:shakeflower93:20180119123952p:plain

(うわぁああああ!!!!だめだぁああ!!!敵キャラだぁああ!!!!)

 f:id:shakeflower93:20180131105034p:plain

 (8回目)

あきらめないで!!ごねごねごねごね・・・

f:id:shakeflower93:20180206125753p:plain

で、できた!!いろいろ荒くて足りてないけど、正面からみる分にはまあまあそれらしいクマ!!すかさずPaintモードにして色をぬりぬりするックマよ!

 

・[c]+右クリックでスポイト機能が使えるクマ。モデルをぐりぐり動かしながら塗っていく。

f:id:shakeflower93:20180206143159p:plain

・マテリアルを変更すると、質感が変わるクマ。適当なものにしておく。

f:id:shakeflower93:20180206134635p:plain

f:id:shakeflower93:20180206134712p:plain

flatにするとフラットになる。髪の後ろとか明らかに塗り残しがあるが忘れることにする。)

 

取り急ぎ表面だけぬりぬり・・・!!だいじょうぶこれはプロトタイププロトタイプ・・・!

エクスポートだぁああ!!

f:id:shakeflower93:20180206134001p:plain

ペイントデータはエクスポートに付随しないので、拡張機能PNGファイルとして保存するクマ。

f:id:shakeflower93:20180206140456p:plain

 

f:id:shakeflower93:20180206140514p:plain

よっしゃぁああああ!!!

 

ステップ2 Blenderでアニメーションを設定する

Sculptrisで作ったモデルを、Blenderに読み込むクマよ。

(このステップの内容は、ほぼ上記のサイト様の記事を参考にさせていただいたクマ。すごい丁寧に解説されている、ここをみるほうが遥かにわかりやすいと思うクマ。)

 

f:id:shakeflower93:20180131105034p:plain

(13回目)

Blenderを起動して、最初からあるCubeは[x]で消すクマ

f:id:shakeflower93:20180206141127p:plain

.objファイルを選択してインポート。

f:id:shakeflower93:20180206140903p:plain

多分座標とかずれてると思うので、適当な位置に調整してApplyするクマ。

f:id:shakeflower93:20180206141544p:plain

つづいてペイントしたPNGファイルをテクスチャとして読み込むクマ。

スクショの一番下にあるOPENボタンでPNGファイルを開いて・・・

f:id:shakeflower93:20180206143708p:plain

さらにビューモードをUV Editingにして。。。

f:id:shakeflower93:20180206144148p:plain

 [Object Mode]から[Edit Mode]に変更し、[Mesh]メニューでUnwrapするクマ。

f:id:shakeflower93:20180206144408p:plain

 先ほど読み込んだテクスチャを元にUV展開できたので、Openボタンから再度PNGファイルを適用するクマ。

f:id:shakeflower93:20180206145555p:plain

おけおけ。

f:id:shakeflower93:20180206145634p:plain

 

f:id:shakeflower93:20180206145854p:plain

ビューを元に戻してから、ObjectModeの右横にある球のボタンをクリックして、Materialを選択すると・・・

f:id:shakeflower93:20180206150023p:plain

おけおけ!

(モデルが暗い場合はShadingのEmitで光の加減を調整するクマ。)

f:id:shakeflower93:20180206151908p:plain

f:id:shakeflower93:20180131105034p:plain

(21回目)

さらにボーンを入れてアニメーションできるようにするックマ。

これもこちらの記事が大変参考になりましたクマ。

 

 

(あぁーっ!!!!)

くじけてはいけぬクマ、アニメーションをつけていくクマよ!

Editor TypeをDope Sheetにして、Action Editorを選択するックマ。

f:id:shakeflower93:20180206153921p:plain

ボーンをぐりぐり動かしてポーズを取り、[I]キーでキーフレームを登録するクマ。全部のボーンを選択した状態で登録していかないと、抜けが発生するので注意クマ。

キーフレームを削除するときは[option]+[I]クマ。

f:id:shakeflower93:20180206162430p:plain

別のアニメーションを設定するときにポーズを初期化したいときは、全てのボーンを選択して[Pose]->[Clear Transform]->[All]クマ。

f:id:shakeflower93:20180206183905p:plain

 

 

fbx形式でエクスポートだぁあああ!!!

f:id:shakeflower93:20180207114545p:plain

f:id:shakeflower93:20180206175248p:plain

(エクスポートにCameraとかを入れてしまうと、Unityにインポートしたときにデフォルトのカメラとコンフリクトするので外しておくクマ)

 

f:id:shakeflower93:20180207114507p:plain

ステップ3 Unityでモデルを自機として動かす

 

Blenderからエクスポートしたモデルデータ+アニメーションをUnityにインポートするックマ。 

(Unityの操作、アニメーション設定は、この本が大変わかりやすかったクマ。この本に出てくる、ねじ子ちゃんみたいな可愛い3Dモデルを作ってみたいクマね・・・)

 

プロジェクトにfbxファイルをドラッグして入れるクマ。

f:id:shakeflower93:20180207114325p:plain

(nullってなんだろ・・・)

AnimatorControllerを新しく作って、Blenderで作ったアニメーションをAny StateからTriggerで再生できるように設定して・・・

f:id:shakeflower93:20180207113709p:plain

そのAnimationControllerをモデルのAnimator Contorller に付与して・・・

f:id:shakeflower93:20180207114222p:plain

 ジャンプさせたい処理でトリガーどーん!!

f:id:shakeflower93:20180207114129p:plain

 

 

 

f:id:shakeflower93:20161008013317j:plain

よし!!できたクマよ!!

(ここまでマンボマンボーが叩かれている5分間の間の出来事である。嘘である。)

 

f:id:shakeflower93:20180131105034p:plain

(28回目)

f:id:shakeflower93:20180202075906p:plain

少女「マンボマンボーを叩くのも疲れたわ・・・どれどれ、森クマのプロトタイプをみてみましょう」

 

少女「・・・うーん」

f:id:shakeflower93:20180202081026p:plain

『えぇっご不満なんですクマ!?すごい頑張ったのに・・・』

f:id:shakeflower93:20180202075906p:plain

少女「なんだかいろいろとね。もっとスキルをあげないといけないわ!」

 

森クマ(そりゃあプロトタイプですから・・・でもきっと限りなくこれが本番データになる気がする。

 

森クマ『(話題をそらそう!)少女さん、そろそろこのゲームがどういうゲームなのか教えていただけませんかクマ?』

 

少女「うふふふふ聞きたい?聞きたい?」

 

森クマ『聞きたい聞きたい!(聞きたくないけど余計な作業をしないように認識を合わせたい)

 

少女「それはね・・・このプロトタイプをみながら、これから考えをまとめるの!それを元に、もう一度プロトタイプを作ってもらうね!」  

f:id:shakeflower93:20180202081026p:plain

 

 

森クマのゲーム、遊んでみてねー!!

f:id:shakeflower93:20180123102607p:plain

Get it on Google Play
 

バレンタインイベント準備中!!(間に合うのか・・・)

 

森クマLINEスタンプもよろしクマー!!

f:id:shakeflower93:20180105095911p:plain

(第1弾。この時はまだ目が離れていた)

 

f:id:shakeflower93:20180105095922p:plain

(第2弾。少女を畜生から救う感動の物語が描かれる)

 

f:id:shakeflower93:20180105095932p:plain

(第3弾。コーヒーに関係したスタンプは3枚しかない)

 

グッズも好評販売中ー!!

f:id:shakeflower93:20180206134135p:plain

(次回もよろしくねー!!)

Sculptrisで女の子の3Dモデルを作りたいのにクリーチャーが召喚される話

森のゲーム開発室、前回までのあらすじぃ!

Sculptrisで少女さんの3Dモデルを作ろうとしたらクリーチャーができた。

f:id:shakeflower93:20180131104353p:plain

 

f:id:shakeflower93:20180202075419p:plain

少女「ねぇ、はやく完成品をみせてよ」

 

森クマ『こっ・・・こちらに・・・こちらになりますクマ』

f:id:shakeflower93:20180131121118p:plain

(少女の3Dモデル)

f:id:shakeflower93:20180202075419p:plain

少女「?これは亀かなんかでしょ?習作かしら」

f:id:shakeflower93:20180202075806p:plain

森クマ『い、いや、こ、これが!!この亀が少女さんで

ビスクアット「すみません!!少女さんの精巧な3Dモデルを作っていたところ、頂点数が多くなりすぎてメモリが圧迫されてしまいソフトが起動しなくなってるんです!現在頂点数の削減を行なっているのでもう1時間ください!」

f:id:shakeflower93:20180202075906p:plain

少女「そう、なら仕方ないか・・・でも前向きな遅延なら歓迎よ、じゃあまた1時間後の進捗会議で!そこには必ず間に合わせてね!」

 

f:id:shakeflower93:20180131091102p:plain

少女「たのしみー!!」

 

f:id:shakeflower93:20180131093533p:plain

ビスクアット「い、いいな!もう1時間やるぞ!今度こそ少女さんの3Dモデルを作り上げて、俺のモックアプリにインポートするんだ!組み込み時間を考えると30分で仕上げろぉおおお!!!」

 

森クマ「お、落ち着クマ・・・多分少女さんもそこまで精巧なモデルは要求していないはず・・・顧客が本当に必要だったものの法則を思い出すクマ」

 

f:id:shakeflower93:20180131091930j:plain

(顧客が説明した要件)

 

f:id:shakeflower93:20180202080011p:plain

(多分、実際に必要とされているもの)

 

f:id:shakeflower93:20180202080049j:plain

森クマ『うん、赤ずきんちゃんスタイルで、ねんどろいどみたいな感じに作ればなんとかなるかもしれぬ、もうちょっと頑張ってみるクマ。』

(がんばるぞい!!)

(10分後)

f:id:shakeflower93:20180202073638p:plain

とりあえず人の形にはなってきたクマ・・・顔面が裂けて頂点数がほんとに多くなりすぎたのか頻繁に再起動するけど・・・

 

f:id:shakeflower93:20180202074635p:plain

(ニコッ)

 

f:id:shakeflower93:20180202074713p:plain

(おっ!おおっ!!)

 

f:id:shakeflower93:20180202074737p:plain

アンモナイト

 

f:id:shakeflower93:20180131093533p:plain

ビスクアット「げはぁっ!!どうだできたか!?」

 

f:id:shakeflower93:20180202074635p:plain

プログラマのコード(デザイン))

 

f:id:shakeflower93:20180131093533p:plain

ビスクアット「げぎぎぎぎぎ・・・し、しかたねぇ!!試作ゲームはクマの3Dモデルでみせるっきゃねぇぞ!!」

f:id:shakeflower93:20180202073922p:plain

(クマのモデル。なんとかなっている)

 

sculptrisからエクスポートしたモデルデータとテクスチャ画像をUnityにインポートして、スクリプトで動かすクマ。

 (実際の運用)

 

ビスクアット「ほんとはこのキャラが少女さんのモデルじゃないといけないんだが・・・仕方ねぇっ!!今日はこれでいく!俺が事情を説明するから、補佐を頼むぞ!

f:id:shakeflower93:20180202080705p:plain

 

(び、ビスクアット先輩・・・!!こんな良い先輩がいるならこの職場も悪くないかも・・・)

 

f:id:shakeflower93:20180131102006j:plain

(全体会議は2時間ごとに開催される。地獄である)

f:id:shakeflower93:20170103001609j:plain

少女「では進捗会議を始めます。マンボマンボーから。」

 

f:id:shakeflower93:20180131100608p:plain

マンボマンボー「ブ、blenderをインストールしようとしたところディスクの容量不足でインストールできンボ・・」

 

f:id:shakeflower93:20180131105034p:plain

f:id:shakeflower93:20180131105034p:plain

f:id:shakeflower93:20180131105034p:plain

  

f:id:shakeflower93:20180202082123p:plain

森クマ(や、やばい・・・でもビスクアット先輩がなんとかしてくれるクマ!)

f:id:shakeflower93:20180131093533p:plain

ビスクアット「しょ、少女さんすみません!新しいビジネスパートナーの面談が入ってたのを忘れてました!ちょっとだけ抜けてもいいですか!?進捗は森クマから報告します!」

 

f:id:shakeflower93:20180202081026p:plain

森クマ『』

 

f:id:shakeflower93:20180202081142p:plain

少女「なら仕方ないわね・・・よろしくねビスクアット。じゃあ森のクマさん進捗を」

 

 

f:id:shakeflower93:20180202081933p:plain

(にゃーんっ)

 

果たして森のクマたちは進捗会議を乗り切れるのか!?

次回「クマのタタキ」

 

森クマのゲーム、遊んでみてねー!!

f:id:shakeflower93:20180123102607p:plain

Get it on Google Play
 

節分チャレンジイベント開催中!!

f:id:shakeflower93:20180202081416p:plain

森クマLINEスタンプもよろしクマー!!

f:id:shakeflower93:20180105095911p:plain

(第1弾。この時はまだ目が離れていた)

 

f:id:shakeflower93:20180105095922p:plain

(第2弾。少女を畜生から救う感動の物語が描かれる)

 

f:id:shakeflower93:20180105095932p:plain

(第3弾。コーヒーに関係したスタンプは3枚しかない)

 

グッズも好評販売中ー!!

f:id:shakeflower93:20180202074635p:plain

(次回もよろしくねー!!)

Sculptrisを使ってクマと少女の3Dモデルを作るクマ

ここは森のゲーム開発室のダークサイド・・・

f:id:shakeflower93:20180131102006j:plain

過去作のゲーム保守から逃げ出した森のクマは、少女率いるブラックな開発室に無理やり常駐させられていた・・・ 

 
 

f:id:shakeflower93:20170106010020j:plain

(少女さん:プロジェクトマネージャー兼プランナー)

少女「それでは進捗会議をはじめます。マンボマンボーから。」

 

f:id:shakeflower93:20180131100608p:plain

(マンボマンボー:元はマンボウだった)

マンボマンボー「す、3Dモデルの進捗は・・・きゅ、90%までできてマンボー・・・」

少女「すばらしい!じゃあ現物をみせてちょうだい!」

 

f:id:shakeflower93:20180131091250p:plain

 

f:id:shakeflower93:20180131105034p:plain

(ばちぃいいん!!!)

少女「ソフトを起動しただけじゃない・・・1時間前からまったく進んでないわ。進捗をごまかしても無駄なんだからね」

 

f:id:shakeflower93:20180102145815p:plain

森クマ(や、やばいところにきてしまったクマ・・・!!)

f:id:shakeflower93:20170106010020j:plain

少女「今日から新しいパートナーを紹介するわ。彼は森のクマ。これまで何本もゲームを世に送り出してきたエキスパートよ。cocos2dxもUnityもBlenderもSculptrisもなんでもできるわ。よろしくね森のクマさん」

f:id:shakeflower93:20180105091024p:plain

 

『しょ、少女さんお待ちくださいクマ。森クマはこれまでcocos2dxのプログラミングくらいしか触ったことがないクマ。技術者を適材適所に配置する、それがプロマネの仕事ではないでしょうかクマ

f:id:shakeflower93:20170106004842j:plain

(ビスクアット:チームリーダー)

ビスクアット「うるせぇ黙れっ!!こっちにこい!今日からおまえには、Sculptrisを使って少女さんの3Dモデルを作ってもらうかなら!マンボマンボーの代わりだ!」

 

f:id:shakeflower93:20170615092929p:plain

『えっ!?今まで2Dしか作ったことないのに3Dモデルを!?』

 

ビスクアット「少女さんから提示されているモデルはこれだ!少女さんは1時間ごとに巡回にくるからそれまでにラフを作っておけ!」

f:id:shakeflower93:20180131091930j:plain

(だれだよ・・・)

 

f:id:shakeflower93:20180131093533p:plain

ビスクアット「少女さんのゲーム企画は2つあって、どっちもまずは動くものをみてからアイデアを煮詰めたいらしい。だから俺はモックプログラムを組む、おまえは少女さんの仮の3Dモデルを作る。わかったなこんちくしょう!!」

 

 

(ビスクアット先生のモックプログラム。マップを作るゲームなのか・・・?)

f:id:shakeflower93:20180105081325p:plain

『アイデアを煮詰めるだけなら3DモデルはてきとーにAssetsStoreで調達すればいいのでは・・・』

f:id:shakeflower93:20180131093527p:plain

ビスクアット「げへへ、前にそれを言った奴は厚さが数ミリになるまで叩かれて企画用紙の間に挟まってるぜ!そうなりたくなかったら今すぐ取り組め!おまえがダメだったら俺も叩かれるんだゼェ!!」

 

f:id:shakeflower93:20180131091250p:plain

(とりあえずsculptrisをインストールして起動してみた。どうやって作るのかまったくわからんクマ・・・)

 

f:id:shakeflower93:20180131102658p:plain

(ぐねぐね)

『・・・とりあえずまずは森クマを作ってみようクマ。単純なモデルから技術を身につけるクマ』

 

f:id:shakeflower93:20180131121519p:plain

(・・・)

f:id:shakeflower93:20180119123952p:plain

『うぁあああー!!だめだぁー!!』

 

(クマよ・・・森のクマよ・・・)

 

『そ、その声は北斎先生っ!!』

 

f:id:shakeflower93:20180126074957p:plain

北斎先生)

 

(慌てるでない、1週間続けたワシの絵のデッサンを思い出すのじゃ。あきらめてはいかんぞ)

 

 

 

 『くぅうう〜!!未経験のソフトを使うことと、デッサンをしていることの関連性がみつからないけど、あきらめずにがんばってみますクマ!!』

f:id:shakeflower93:20180131103118p:plain

(なるほど、粘土をこねる要領で作るのか・・・今選択しているアイコンは、こう、なんていうか摘む感じで、操作のSize(大きさ)とStrength(強さ)をメーターで調整できるクマね・・・左右対称に自動的になるのも助かる・・・とりあえずこれらを駆使して最初から作ってみよう)

f:id:shakeflower93:20180131103449p:plain

(溝みたいなアイコンにしておくと、溝を作れる・・・これで模様が描けるクマ)

 

f:id:shakeflower93:20180131091312p:plain

『・・・まぁ・・・なんかそれっぽいのはできたクマ・・・この調子で少女さんも・・・』

 

 f:id:shakeflower93:20180131091930j:plain

f:id:shakeflower93:20180131121118p:plain

 

 f:id:shakeflower93:20180119123952p:plain

(うわぁあああだめだぁ〜!!!!)

 

f:id:shakeflower93:20180131093533p:plain

ビスクアット「そろそろ1時間たつぞ!!どうだできたか!?」

 

f:id:shakeflower93:20180131121118p:plain

(あぁーっ!!!)

 f:id:shakeflower93:20180131093533p:plain

ビスクアット「馬鹿野郎!!こんなもの出したらおまえもマンボマンボーみたいに、たたきにされるぞ!!」

 f:id:shakeflower93:20180105091024p:plain

『使ったこともないソフトでいきなり作れるわけないクマよ!ビスクアットさん、逃げましょう!!このダークサイドな開発室から!!』

f:id:shakeflower93:20180131093533p:plain

ビスクアット「よし、逃げよう!!」

 

f:id:shakeflower93:20180131091102p:plain

少女「うふふ・・・そろそろ可愛い3Dモデルはできたかしら」

 

f:id:shakeflower93:20180131104353p:plain

  f:id:shakeflower93:20180131121118p:plain

果たして森のクマたちはSculptrisを使いこなせるのか!?

次回「クマのタタキ」

 

森クマのゲームもよろしクマー!!

f:id:shakeflower93:20180123102607p:plain

Get it on Google Play
 

森クマLINEスタンプもよろしクマー!!

f:id:shakeflower93:20180105095911p:plain

(第1弾。この時はまだ目が離れていた)

 

f:id:shakeflower93:20180105095922p:plain

(第2弾。少女を畜生から救う感動の物語が描かれる)

 

f:id:shakeflower93:20180105095932p:plain

(第3弾。コーヒーに関係したスタンプは3枚しかない)

 

f:id:shakeflower93:20180131121118p:plain