森クマblog

スマートフォン向けアプリ開発者の奮闘記

クマVSマ 予約開始から1週間の状況を分析するクマ!

新作の予約開始から1週間・・・ 

shakeflower.hatenablog.com

 

宣伝やステップアップキャンペーンの実施効果はあったのか・・・

f:id:shakeflower93:20170618110844p:plain

(Android予約数)

 

200を超えてるー!!!!300に近いーーー!!

OL「クマンタの時は1週間で100がやっとだったからね、これは大した進歩だわ!」

森クマ「予約掲示板にも「こんなマと戦いたい」ってリクエストがたくさんきてますクマ!!」

 

OL「iOSと合わせたら600超えてるんじゃない!?」

 森クマ「iOSもみてみるクマ!!」

 

f:id:shakeflower93:20170618111010p:plain

 

f:id:shakeflower93:20160816113604j:plain

 

あ・・・あれ・・・?

 

 

あれれ・・・・??

 

 

 OL「Androidの半分・・・」

 

森クマ「な、なぜ・・・そういえばクマンタの時もiOSは50くらいしか予約が入らなかったクマ・・・これは単に予約トップ10のユーザー層は、Androidユーザーが多いってことですかねクマ」

 

OL「でもみて。同じ時期に予約を始めたねこバタさん「パンダが回れば地球が回る」は、AndroidiOSの予約数が同じくらいだわ。」

yoyaku-top10.jp

 

森クマ「バカな・・・パンダとクマになんの違いが・・・!?体表のカラーリングだって大体同じなのに・・・!!」 

(森のクマは白く無い) 

 

OL「しかもほら、クマVSマの集計。インプレッション数やクリック数自体はiOSの方が多いわ。なのにCVRに結びついていない・・・これは一体・・・」

f:id:shakeflower93:20170618115416p:plain

 

???「デザインだよ」

 

f:id:shakeflower93:20170618112646p:plain

 

妖精「デザインのセンスがApple製品にフィットしていないんだよ

 

 

f:id:shakeflower93:20170618112646p:plain

妖精「みてみろパンダを。ギラッギラのカラーなタイトルがあふれる中で、あえて白黒テレビのレトロなデザイン。iPhoneユーザーの心を鷲掴みだ。」

 

OL「うーん確かに。なんていうか森クマって、Appleが纏っているデザインのベクトルとは対極にいる気がするわ。逆にAndroidのイメージにはそこそこフィットしている気もするんだけど・・・」

 

f:id:shakeflower93:20170618115136j:plain

AndroidiOSの違い(偏見))

 

森クマ「ぐぅっ・・・・ぐぇっぐえっ(嗚咽)・・・でも勝ちたいんです・・・パンダに・・・!!というかiPhoneユーザーの心も鷲掴みにしたいんですクマ!!」

 

森のクマに勝機はないのか。夜通しの会議が開催された。

 

 

f:id:shakeflower93:20170618121648j:plain

 

f:id:shakeflower93:20170618122449j:plain

 

f:id:shakeflower93:20170618123023j:plain

 

 

チチ・・・(鳥のさえずり)

 

f:id:shakeflower93:20170618121212j:plain

いいか・・・100人は予約してくれてるんだし・・・

 

 

AndroidiOSもご予約ありがとうございますクマー!!

「クマVSマから始まる生物図鑑」まだまだ予約受付中ですクマー!!

 

f:id:shakeflower93:20170610223530j:plain

 

f:id:shakeflower93:20170615090448j:plain

 

クマと同じくらい可愛いパンダもよろしクマー!!

yoyaku-top10.jp

しかし不思議クマ・・・

他のアプリも同じような傾向なのか気になるクマっ

ガチャの演出を検討するクマ!

 これは「クマVSマ」予約を開始する少し前のお話・・・ 

f:id:shakeflower93:20170615092102j:plain

 

森クマ「ふぃーようやく予約までこぎつけたクマ・・・」

 

f:id:shakeflower93:20170506151359j:plain

OL「よくやったわね森クマ!ここからは宣伝による事前予約数の確保と、アプリ仕上げを並行して行う必要があるわ。残タスクは・・・」

 

森クマ「課金処理と・・・あと肝心のスタンプガチャがまだクマ(あとマから始まる生物の実装が全く終わってない、しかしそれは言えないクマ・・・)

 

OL「今回ははじめてガチャって奴にチャレンジするんだもんね・・・射幸心を煽る演出にして、収益性をあげないと」

 

森クマ「でもオフィスレディさん、ソシャゲみたいな派手な演出は到底作れないクマ・・・。せいぜいこんな感じかと・・・」

 

f:id:shakeflower93:20170615092448j:plain

(カードダス)

 

f:id:shakeflower93:20170612074119j:plain

OL「ぐぅ・・・これじゃあ射幸心を煽ってじゃぶじゃぶ課金させることができない・・・」

 

???「ふふふ・・・お困りのようね」

 

森クマ「そ、その声は!?」

 

???「ガチャのことなら私に任せなさい!」

f:id:shakeflower93:20170614124532j:plain 

 

森クマ・OL「・・・しょ・・・少女さん?」

 

???「いいえ私はマ法少女ガチャ。クマが必殺技を繰り出すための魔法のスタンプを市場に流通させる、優秀なマーケッターでもあるわ。」

 

森クマ・OL(・・・しょ・・・少女さん・・・)

 

OL「で・・・でもガチャさん、ガチャガチャのアニメーションの実装って難しくないかしら?いっそ無くしてしまうほうが・・・敵がドロップするほうが簡単な気が・・・」

 

マ法少女ガチャ「大丈夫!私のマ法でスタンプは、森クマの口から出るようになるわ!」

 

f:id:shakeflower93:20170615092929p:plain

 

森クマ「え、えぇー!?く、口、いやMouth(マウス)からスタンプを!?」

 

f:id:shakeflower93:20170614124638j:plain

(イメージ映像) 

 

 

f:id:shakeflower93:20170614124532j:plain

マ法少女ガチャ「万事解決!また来週ね!」 

ガチャガチャガチャー(走り去る音)

 

 

f:id:shakeflower93:20170615091302p:plain

しゃしゃしゃしゃー!!(音もなく追跡する音)

f:id:shakeflower93:20170615091739j:plain 

森クマ「少女さんは絵の中にいるクマ・・・ガチャさんは別人なのかクマ・・・」 

 

 

 

クマが口からスタンプを吐き出すことになるアプリ「クマVSマから始まる生物図鑑」!!予約受付中クマー!!

f:id:shakeflower93:20170610223530j:plain

 

(追記)Android/iOS合わせて予約300人突破したので、ステップアップくま!!! ありがとうクマー!!

f:id:shakeflower93:20170615090448j:plain

f:id:shakeflower93:20170615093719j:plain

(コロコロ・・・)

 

事前予約でステップアップキャンペーンを利用するクマ!

ここは森のゲーム開発室・・・

事前予約を開始して、すっかりアプリが完成した気になり、メンバー間に活気が戻ってきた・・・

 

f:id:shakeflower93:20170611120604j:plain

(完成していない)

OL「今回は事前予約を1つでも多く獲得する施策として、ステップアップキャンペーンを採用するわ。」

 

f:id:shakeflower93:20170114234552j:plain 

 

OL「ステップアップキャンペーンは、予約報酬を予約数に応じて段階的に豪華にしていく手法よ。予約済みのユーザーが、さらなる報酬獲得のために他ユーザーに拡散することが期待できるわ!」

 

森クマ「ユーザーが他ユーザーを誘う・・・マルチ商法ってやつクマ?」

 

f:id:shakeflower93:20170612074119j:plain

OL「違う。一昔前におせち料理で有名になったグルーポンが近いかしら・・・達成したステップに応じた報酬が予約者全員にプレゼントされるから、ユーザー間での格差は発生しないわ。」

 

森クマ「ふむふむ。今回は何を特典にするクマ?クマンタのときはビッグマンタがそこそこウケたけど・・・」

 

OL「うーん。。。よくあるのはゲーム内通貨とか魔法石よね・・・XXX個プレゼント!を、予約数に応じて増やしていく感じかしら・・・。今回のゲームも、『マネー』でクマのレベル上げやスタンプガチャが回せるから、それが良いかしら。」

 

森クマ「それなら実装も簡単だし、了解しましたクマ

???「スタンプそのものを特典にしましょう」

 

 

f:id:shakeflower93:20160925235302p:plain

OL「え・・・」

 

 

f:id:shakeflower93:20170204135417j:plain

(ゴォおおお!!)

 

f:id:shakeflower93:20170612072321j:plain

いや、少女さんは寝ている・・・でもちょっと薄くなっているような・・・

 

 

 

 

f:id:shakeflower93:20170611175544j:plain

(マンタ)

 

森クマ「お、オーバーソウルしている!!少女さんがマンタにオーバーソウルしているクマ!!!

f:id:shakeflower93:20170612072847j:plain

妖精(しかも完全憑依ではなく、魂の分割によるシェアリングオーバーソウル・・・!!

人間の少女にこんな離れ業が・・・!?)

 

f:id:shakeflower93:20170611175544j:plain

マンタ(少女)「事前予約で仮想通貨が有効なのは、そのゲームにおける価値をユーザーが理解しているからだと思う。一般的なソシャゲなら、キャラの入手や強化に使えるのは容易に想像がつくわ。」

f:id:shakeflower93:20170611175544j:plain

森クマ&OL(マンタ少女さん・・・)

 

マンタ(少女)「でもこのゲームは、正直多くのユーザーがまだ???の状況・・・つまり『マネー』がユーザーにとってどれほどの価値を持つのかは、現時点では誰も把握できないわ。」

 

f:id:shakeflower93:20170611175544j:plain

森クマ&OL(どうしてこんなことに・・・)

 

マンタ(少女)「今回はハナから森クマのキャラクターを前面に出していくんだから、特典も森クマのスタンプにするほうが見た目に分かりやすいと思う」

 

OL「た、確かに・・・でも、用意できるスタンプの枚数がそもそも少ないのよね・・・。1つ1つのスタンプに森クマの必殺技アクションを割り当てないといけないから・・・いや、森クマがもっと量産すればいいだけか!

 

f:id:shakeflower93:20170204125302j:plain

森クマ「ちょっと待って、もう残タスクできりきりまい

OL「ステップアップキャンペーンは、段階を達成するごとにレアリティの高いスタンプが手に入るようにしましょう!!」

 

マンタ(少女)「最初から全部のステップ報酬を明記する必要はないわ。予約数の推移をみながら、予約数XX到達で次のスタンプ解禁!とかにしておけば、ちょっとだけ期待感を煽れるかもね・・・」

 

OL「こんな感じかしら・・・!」

 

goo.gl

 

f:id:shakeflower93:20170204125302j:plain

森クマ「待って待って、そんなシャッとかいうスタンプ用意していない・・・くぅぅっこの少・・・いや、マンタめー!!

 

すぅっ・・・(シェアリングオーバーソウルが解除された音)

 

 

f:id:shakeflower93:20170212171944j:plain 

マンタ(はっ・・・ぼ、ぼくは一体 

 

f:id:shakeflower93:20170612075529j:plain

森クマ「マンタァアああああああ!!!!!!!」

 

 

 

ついに森の仲間たちに認識されたマンタ・・・

果たしてステップアップキャンペーンは功をそうするのか・・・

 

新作ゲーム「クマVSマから始まる生物図鑑」事前予約でスタンプの特典もあるよ!よろしクマー!!

 

 

f:id:shakeflower93:20170610223530j:plain

 

(追記)Android/iOS合わせて予約100人突破したので、ステップアップくま!!! ありがとうクマー!!

f:id:shakeflower93:20170612073618j:plain

 

次回「スタンプガチャを実装するクマ」

森クマが書籍に載ってたヒャッハッーーーー!!!!

ここは森のゲーム開発室・・・

遅延に遅延を重ねながら、ようやく次回作の予約が開始された!!

 

 OL「それで今回の事前予約の施策だけど・・??」

f:id:shakeflower93:20170611115413j:plain

森クマ「うふふふ・・・うふふ、うふふふふ・・・」 

OL「どうしたの森クマ。進捗がズルズル遅れて行ってるのに、悠長に本なんて読んでる場合じゃないのよ!早く結果にコミットしなさい!

 

結果にコミット!

結果にコミット!

  • Koji Nakada
  • Games
  • Free

(結果にコミットできるアプリ)

 

 森クマ「うふふふふ・・・実はですね・・・

森クマがついに全国書店デビューを果たしたんですクマ!!

 

OL「!!!???」

 

バカ売れアプリ生活 自作ゲーの集客とマネタイズぜんぶ教えます!
 

f:id:shakeflower93:20170212180225j:plain

OL「ふぅ・・・これは・・・ひさしAppさんが出したバカ売れアプリ生活の本じゃない。いい、森クマ。あなたはひさしさんじゃなくて、ただの森のクマなの。妄想もほどほどにしなさい」 

 

f:id:shakeflower93:20161008013317j:plain

森クマ「ふふふ・・・実は巻末に、アプリ開発者の皆さんからの応援メッセージがあるんですクマ。そこに森クマも寄稿したら、森クマアイコンと一緒に載せてくれたんですクマ!!」

f:id:shakeflower93:20161009190210p:plain

(金の匂いを嗅ぎつけたOL)

OL「えぇえええええ!!それはすごい!個人開発者、いえ熊開発者として読者に良いメッセージを送れば、アプリ宣伝かつリスペクトを集められるじゃない!!どこどこ、どこのページに載ってるというの!?」

f:id:shakeflower93:20161009185952p:plain

 

森クマ「ここここ、このページの一番下ックマ!!」

f:id:shakeflower93:20170611123258j:plain

(ぱぁああああん)

 

OL「・・・」

 

(ペラペラッ・・・)

 

OL(・・・なんか・・・他のクリエイターさんは、未来のクリエーターさんへの激励とか、本の宣伝に絡めた話をしっかり書いているのに・・・)

 

f:id:shakeflower93:20170611120604j:plain

 

OL(このクマのは・・・中身がない・・・このせちがらい世の中に対する自分の愚痴をそのまま吐き出しただけだわ・・・)

 

 

妖精「・・・!? ちょいちょいちょいちょい、巻末付録の ちょいちょいインタビューみてみろよ!」 

 

f:id:shakeflower93:20170204135830j:plain

(Now Loading)

 

森クマ「こ、これは・・・? ややややったぁー!!これは森クマアプリのバカ売れフラッグま!!

 

f:id:shakeflower93:20170611120604j:plain

 

OL(・・・はたして天上人たちの予言は森クマのバカ売れフラグか・・・それとも死亡フラグの終末予言か・・・)

 

 

f:id:shakeflower93:20170610224227j:plain

マンタ(あ、あれ・・・?前回の煽りで、次回マンタに何かが起きることを匂わせてなかったっけ? 今か今かってドキドキしていたんだけど・・・それどころか今回、マンタ1回もしゃべっていな

はたして巻末のちょいちょいちょいちょいインタビューに記された予言とは!? バカ売れアプリ生活、これからアプリを作る人も作ってる人も作らない人も、楽しく読めておすすめクマー!!

バカ売れアプリ生活 自作ゲーの集客とマネタイズぜんぶ教えます!
 

 

新作ゲーム「クマVSマから始まる生物図鑑」も事前予約よろしクマー!!

f:id:shakeflower93:20170610223530j:plain


次回 MANTA MEETS...

「クマVSマから始まる生物図鑑」予約そして完成へ・・・

f:id:shakeflower93:20170610223530j:plain

すぱぁああああん!!!

すぱぁああああん!!!

すぱぁああああん!!!

 

 

 

 

f:id:shakeflower93:20170506151359j:plain

(GW気分が抜けきらない森のクマ)

OL「おぉ・・・GWにいろいろあって予定より3週間ほど遅れたけど、ようやく予約開始まで漕ぎつけたわね!!」 

(いろいろあったGW)

 

森クマ「こうして予約サイトに並ぶのをみると、なんだかもう完成した気分になりますねクマ(完成していない)」

妖精「あとはどこまで事前予約数を確保できるかだな・・・」

 

f:id:shakeflower93:20170204135830j:plain

森クマ「だいじょぶだいじょぶ、ちょいちょい、ちょいちょいクマ!明日には予約数1000を突破して、ランキングのトップ10に

OL「入らない」

(えぇ・・・)

OL「これまで予約トップ10を利用した、3作品の予約数(直近1週間)を振り返ってみましょう」

・森でクマさんテラヤバス 100くらい

UMAの憂鬱 50くらい

・KUMANTA 200くらい

 

OL「3つの中では一番バズったKUMANTAでも、予約時は200超えが良いところ。まして今回のタイトルはバズる要素が見当たらないというか、意味がわからないわ。何も対策しないと、UMA並みの厳しい数字になりそうね。」

 

f:id:shakeflower93:20170430203121j:plain

(そのタイトルを考えたのはOLさんでは・・・)

 

 (森のエビデンス

 

OL「そこで今回は事前集客として、以下の施策を考えているわ!」

 

・ブログの更新頻度アップ(予約への導線)

・事前予約特典(ステップアップキャンペーン)

・その辺を歩いている人間にオーバーソウルして、知人友人にひたすら広める

 

f:id:shakeflower93:20170212171944j:plain

マンタ「そうだ・・・もう一つ良い方法を思いついたよ!これまでリリースしてきたアプリの中でも、事前予約開始の告知をして回遊率をアッ

森クマ「ステップアップキャンペーン?」

 

f:id:shakeflower93:20170114234552j:plain

OL「そう、これが今回の秘策よ!詳細は次回説明するわね!

 

 

f:id:shakeflower93:20170610223402p:plain

マンタ(え、えぇー? 無視する、今のマンタのナイスな提言無視する?そういえばこの森にきてから、マンタの言葉に誰か一人でも答えてくれただろうか・・・もしかしてマンタって誰にも認識されていないんじゃ・・・これじゃあエアマンタだよ・・・そもそもこの森に連れてこられたのは無理やり

はたしてOLの秘策・ステップアップキャンペーンとは!?

そして次回、マンタに衝撃の展

新作ゲーム「クマVSマから始まる生物図鑑」事前予約よろしクマー!!

f:id:shakeflower93:20170610223530j:plain

yoyaku-top10.jp

f:id:shakeflower93:20170611094023p:plain

f:id:shakeflower93:20170610224227j:plain

CocosCreator in 沼津漁港クマ

GWの開発に嫌気がさして、逃亡を図り捕まった森のクマ

 

その翌日・・・

クマは静岡県沼津に来ていた。

 

f:id:shakeflower93:20170506144829j:plain

(バスから撮った沼津駅)

 

 

f:id:shakeflower93:20170506150308j:plain

めっちゃ早起きして沼津漁港にきたクマ。

断っておくと、お寿司や海鮮丼を食べにきた訳では無いクマ。

沼津の深海魚水族館を見て、新作ゲーム「クマVSマ」開発のインスピレーションを得たいんですクマ。マから始まる深海魚もいるでしょうクマ。

f:id:shakeflower93:20170506145219j:plain

(ここだー!)

f:id:shakeflower93:20170506145447j:plain

() 

 

お寿司や海鮮丼を食べにきた訳では無いクマ。

f:id:shakeflower93:20170506145232j:plain

 

お寿司や海鮮丼を食べにきた訳ではな

f:id:shakeflower93:20170506145317j:plain

 

 

 

 

その日の夜・・・

「ふぃー食べた食べた、お寿司の写真を裏垢にアップする前に、まずはアリバイづくりのための工作をするクマ。とりあえず適当なソースのコメントを編集してダミーコミットするクマ」

 

 

f:id:shakeflower93:20170430211308j:plain

ツイッター投稿がモロバレしていた森のクマ)

OL「一度ならず二度までも逃亡を図ったクマは、顎ラインイレイザーの刑に処する」

 

f:id:shakeflower93:20170506143254j:plain

顎ラインイレイザーとは、森クマの口の周りにあるよく分からない線を消してしまうことだ!顎ラインを消された森クマは、森クマでなくなってしまうんだ!)

 

森クマ「じ、実は電車に乗っている間に@tokinekcoさんの本を参考にして、CocosCreatorの使い勝手を確認していたんですクマ!」

CocosCreatorではじめるゲーム制作 (I・O BOOKS)

CocosCreatorではじめるゲーム制作 (I・O BOOKS)

 

 

森クマ「これまではUIをCocostudioで作成していたんですクマ。でも新しいMacに移行したら、動作がおかしくなってしまったクマ・・・だから、新作ゲームは、ソースコード上でのUIハードコーディングを余儀無くされてるんですクマ」

 

f:id:shakeflower93:20170506143815p:plain

(お世話になってきたCocostudio(v2.1.5)。新Macに移行したら動作不良に・・・アップデートも失敗するクマ)

 

f:id:shakeflower93:20170212180225j:plain

OL「へぇ、それは良い心がけね。それで、CocosCreatorは使えそうなの?」

 

森クマ「ふふふ・・・実は本のサンプルソースを参考に、ミニゲームを作って見ましたクマ!」

 

Cocos Creator | GWBear

 

 

OL「(なぜ自分を追いつめる内容のゲームを作るのかしら・・・)一応ゲームっぽくなってる!」

 

森クマ「CocosCreatorを一言で言うなら、ほぼUnityって感じクマ。スクリプトをオブジェクトと関連づけたり、プレハブ作って再利用したり・・・。去年Unityを触っていたから、すんなり利用することができたクマ!」

f:id:shakeflower93:20170506152728p:plain

(CocosCreatorのシーンエディット画面。本当にUnityライクま)

 

f:id:shakeflower93:20170212171944j:plain

マンタ(じゃあ最初からUnityを使えば良いんじゃ・・・)

 

森クマ「UIとPGが併走できる、これを使えばcocos2dx製アプリの開発スピードも爆速クマ!」

 

OL「これなら新作ゲーム「クマVSマ」のPGも楽勝ね!」

 

「いや、今のところCocosCreatorが対応している言語はJavaScriptCoffeeScriptだけクマ。開発中のクマVSマはC++で作ってるから、CocosCreatorは使えないクマ。」

f:id:shakeflower93:20170506151359j:plain

f:id:shakeflower93:20170506151359j:plain

f:id:shakeflower93:20170506151506j:plain

 

 

ユニティに圧されるココサー、反撃の教本クマ 

CocosCreatorではじめるゲーム制作 (I・O BOOKS)

CocosCreatorではじめるゲーム制作 (I・O BOOKS)

 

 

cocos2dxで作った森クマゲームもよろしくま!!

f:id:shakeflower93:20161211203850p:plain

 

f:id:shakeflower93:20161008015925p:plain

ココサーよ立ち上がるクマ

新作ゲーム「クマ VS マ」今後のスケジュールクマ!(GWは消える)

これまでのあらすじ!!

ゴールデンウィークにゴールデン化した森のクマが、PG進捗率を50%くらいサバ読んで、開発室を逃げ出した。

f:id:shakeflower93:20170429153324j:plain

 

クマ逃亡から2分後・・・

 

f:id:shakeflower93:20170430200713j:plain

OL「ちょ、ちょっと待って!!リポジトリの更新日時、3月から変わってないじゃない!!」

 

妖精「あの野郎、PG90%なんて嘘ついてやがったんだ!!」

 

OL「あのクマ野郎、連れ戻せ!!」

 

 

f:id:shakeflower93:20170430204826j:plain 

(新宿)

マンタ「連れ戻せって言っても・・・こんなに人間がたくさんいる中から、クマを1匹探せるのかなぁ・・・」

 

f:id:shakeflower93:20170430205359j:plain

妖精「ん・・・?あの寿司屋、妙に輝いてないか?」

 

f:id:shakeflower93:20170430210544j:plain

森クマ「店中のキングサーモンを全部持ってくるクマ!!お代?森のゲーム開発室につけておくックマ!!!」

 

 

f:id:shakeflower93:20170430211308j:plain

(逃亡から20分後。捕獲された森のクマ)

妖精「オフィスレディさん、捕まえてきましたぜ!!こいつぁひでぇ、顎ラインがGWになってやがる!!浮かれやがって!」

OL「このクマ野郎が!!!!!」

f:id:shakeflower93:20170430201854j:plain

(弾丸の役目に邁進する妖精)

 

森クマ「ヒィッ!!!!

・・・・・

・・・・・?」

f:id:shakeflower93:20170430202428j:plain

OL「いいえ・・・私たちは4月丸々タイムリープしていたんだもんね・・・それでPGの進捗を圧迫気味に尋ねて、90%を信用するなんて、私にも非があるわ・・・。森クマの逃亡は不問にしましょう」

 

f:id:shakeflower93:20170430203121j:plain

(な・・・)

 

f:id:shakeflower93:20170430203042j:plain

(なんていい人間・・・!!!)

 

OL 「だけど進捗は立て直さないといけないわ!元々は4月に公開予定だったクマVSマから始まる生物図鑑、以下のスケジュールにリスケしましょう!」

 

〜5/7 (日) PG骨組み完成、予約準備開始

〜5月中旬 リソース作成、課金実装、予約開始

〜5月末  テスト、バランス調整

6月頭   公開

f:id:shakeflower93:20170204125302j:plain

森クマ「ちょっと待って、5月7日までにPG骨組み完成って、ゴールデンウイークが消え

電話「リリリリン」

 

OL「もしもし?」

 

寿司屋「すみません、おたくのクマがうちのキングサーモンを食い散らかしてねぇ!請求はこちらの番号で良かったですかい?4万3千

f:id:shakeflower93:20170326103801j:plain

わずか数分で消滅したゴールデンウィークま・・・

果たしで5月中にアプリは完成するのか!?

 

f:id:shakeflower93:20161211203850p:plain

 

f:id:shakeflower93:20161008015925p:plain

月曜日と火曜日はまたタイムリープクマ・・・