森クマblog

スマートフォン向けアプリ開発者の奮闘記

とある美術館のお話 〜新規ゲーム検討会議編その2〜

これはとある美術館のお話・・・

 

f:id:shakeflower93:20161007234308j:plain

 

かつて栄華を極めたその美術館は、ある事件をきっかけに没落。

美術作品を構成する「オブジェクト」たちは次々と他の美術館に転職していった・・・

 

f:id:shakeflower93:20161007235502j:plain

 

f:id:shakeflower93:20161007235519j:plain

 

f:id:shakeflower93:20161007235542j:plain

 

f:id:shakeflower93:20161007231431j:plain

最後に一枚だけ残った絵画「眠る少女」・・・

 

f:id:shakeflower93:20161007231856j:plain

美術館を再興するために目覚める!!

 

絵のオブジェクトたちを再雇用!

f:id:shakeflower93:20161008110421p:plain

緊迫の面接システム!利用価値を見極めろ!!

 

オブジェクトの組み合わせで作品を復元!

f:id:shakeflower93:20161008110433p:plain

 

展覧会を成功させて収益をあげろ!

f:id:shakeflower93:20161008110443p:plain

 

廃れた美術館の再興ゲーム

SleepingMuseum(仮)

2017年公開!

 

 

ぱっ(電気がついた音)

 少女「以上がゲームの概要になるわ」

f:id:shakeflower93:20161007221855j:plain

(ベールを脱いだ少女)

森クマ「しょ、少女さん自ら主人公を!?というか勝手に2017年公開!ってどういうことクマ!!??」

 

1. オブジェクトを雇用する

2. 雇用したオブジェクトを組み合わせて作品を作り、展覧会(ミッション)を開く

3. 展覧会を成功させて、来場者から収益を得る

 

少女「基本的には1〜3の繰り返し。徐々に展覧会の達成難易度は高くなり、成功させるには相応のマネジメント能力が求められるわ。ミッションの合間に、ストーリーも進行する感じね。お金の概念があるから、課金要素も検討できるわ。」

 

森クマ「展覧会(ミッション)のマネジメントって、どんな感じのゲームになるんですクマ?」

 

少女「そこはまだまだ検討中で、一緒に考えてほしいんだけど・・・イメージとしてはね、就業中に気が抜けてきた社員に喝を入れるような感じ。

 

森クマ「カツ・・・?」

 

少女「ちゃんと来場者の前で作品として振る舞えるように、居眠りしている絵の中に入って、オブジェクトたちを叩き起こしていくような感じとか・・・」

f:id:shakeflower93:20161008010025j:plain

(労働環境の改善が必要な美術館)

 

f:id:shakeflower93:20161008012334j:plain

 

OL(あれ・・・そんな話だったっけ・・・?? 工数算出のときは、放置ゲームみたいな前提で良いって言ってた気が・・・)

 

妖精(・・・ふ・・・ふふ・・・なに、心配するな。少女はちゃんと考えているさ)

 

f:id:shakeflower93:20161007080129j:plain

少女「さらに発展機能として、雇用したオブジェクトたちを組み合わせて作った自分の作品を、他のユーザと共有したり、オリジナルの展覧会に招待できるようなシステムを考えいてるの!!作品をポストカードみたいな感じでプレゼントできるのも素敵ね!!」

 

OL(えぇっ?そんな話初めて聞いた!

 

f:id:shakeflower93:20161007080129j:plain

少女「 VRにも対応したいわ!!実際に展覧会の中に入り込んでXXXXXXXXX

 

f:id:shakeflower93:20161008013021j:plain

 

OL「ちょ、ちょっとまって少女さん、その工数はどこから・・・」

 

少女「大丈夫!みんなのやる気があれば作れるわ!!」

 

f:id:shakeflower93:20161008010545j:plain

OL(しょ、少女さんまさか・・・自分のアイデアとなると周りがみえなくなるタイプなんじゃ・・・)

 

 

f:id:shakeflower93:20160925235805j:plain

ばぁあああん!!(何かを叩いて抗議?の意思を示した音)

 

OL(も、森クマ!!そうよ、今こそ少女さんに反撃して諌めるのよ!)

 

f:id:shakeflower93:20161008013317j:plain

森クマ「そのとおりクマ!最後は魂、ソウルくま!!元気があればなんでも作れるくま!!」

 

OL(ブラック企業体質ーーーー!!!!!)

 

森クマ・少女「たましい!!たましい!!」

 

f:id:shakeflower93:20161008014053j:plain

OL(いけない・・・このクマと少女、直情と理性の違いはあっても、根本的には同じ思考回路をしている!!

 

f:id:shakeflower93:20161008013317j:plain

森クマ「少女さんのアイデア、素晴らしいですクマ!!この森クマ、企画・開発共に尽力させていただきますクマ!!(だからプリズンブレイくまも一緒にお願い!)

 

f:id:shakeflower93:20161008010545j:plain

少女「(プリズンブレイくまは別問題として)ありがとう森クマ!!さあ作るわよーー!!」

 

森クマ・少女「TA・MA・SHIー!TA・MA・SHIー!」

 

OL(このままでは私のアフターファイブがなくなる・・・!転職だ!!)

f:id:shakeflower93:20161008001337p:plain

 

森クマ・少女「OLさん!!妖精さん!!」

 

OL(ひぃっ!!!??)

 

森クマ・少女「がんばりましょう!!!」

 

 

f:id:shakeflower93:20161008015548j:plain

ここは黒い森ブラックフォレスト・・・1度入れば二度と出られない永遠のアプリ開発室・・・

(ただし妖精を除く) 

 

↓その地獄から生まれたアプリ・スタンプもよろしクマー!!

f:id:shakeflower93:20161008015925p:plain

 

 

検討会議その1はこちら!

 アイデアは無限、工数は有限クマ!