SleepingMuseum

森のゲーム開発室

北斎とジャポニスム展を観て受けた衝撃をLINEスタンプに活かす話クマ

ここは上野の森・・・

森のクマはアカデミー以来の友人と西洋美術館に来ていた・・・

その目的は・・・

f:id:shakeflower93:20180126071617p:plain

(観た後に撮った写真)

 

f:id:shakeflower93:20180126084021p:plain

混んでる・・・めっちゃ混んでる・・・

スヌーピーミュージアムの悪夢が蘇る・・・

 (スヌーピーみたかったのにセーラームーンになった)

 

 

並ぶこと20分、ようやく入れたけど中も、ものすごい人クマ・・・! 

これほどまでに人気の北斎とは何者なのか・・・

 

葛飾北斎。富士山と海の絵を描いた昔のすごい人。 

葛飾北斎 - Wikipedia

正直それ以上のことは何も知らない。というか正直あんまり興味がなかったクマ・・・西洋画のほうが好きかしら・・・チャッチャッとみて早くお酒飲みたいクマ・・・

 

(人だかりの間から、ようやく絵がみえはじめる) 

(以下、撮影禁止なので森クマの最大出力スケッチでお楽しみください。スケッチは後から描いたのでほんとにその絵が飾ってあったかは覚えてないクマよ

f:id:shakeflower93:20180126083046p:plain

・・・

 

f:id:shakeflower93:20180126083125p:plain

・・・なんぞ・・・

 

f:id:shakeflower93:20180126083304p:plain

・・・こいつなんぞ・・・

 f:id:shakeflower93:20180126083208p:plain

踊るような線使い・・・

 

f:id:shakeflower93:20180126083405p:plain

表情豊かな人間・・・動植物・・・妖怪・・・!

デフォルメとディテール描写の味わい深いブレンド・・・!! 

な、なんだこいつ・・・ほ、北斎・・・やりやがるぞクマ・・・!!!

 

多分今までも北斎の展覧会はなんどか行っているはず・・・

なのにここまでの衝撃を受けた記憶がないクマ・・・

 

漫画でもアニメでもゲームでもないただの一枚一枚の素朴な絵、その一枚一枚のなんたる味わい深さ、面白味・・・!!!みてて飽きぬ・・・飽きぬクマ・・・!!

 

なかでも興味を引いたのは、度々出てくる「北斎漫画」。この「漫画」という言葉は現代の意味ではなく、「漫ろに描いた画」つまり「筆のおもむくままに描いた画」という意味らいしいクマ(参考書籍:北斎漫画、動きの驚異)。

(後から勉強した)

一般庶民の何気ない所為や、動植物に妖怪、風景画など多岐に渡るスケッチが満載で、その1つ1つが魅力にあふれているクマ。特に、庶民の生き生きとした画は本当にみていて楽しくなるクマ。

f:id:shakeflower93:20180126083208p:plain

(展覧会の案内人をこの「すずめ踊り」が勤めていたクマ。これなんかは現代のパラパラ漫画・アニメーションに近い。)

 

こ、この魅力に周囲は気づいているのか・・・!?いや、みんな知ってるからこそ、この大混雑なのかクマ・・・!?

 

この展覧会自体、北斎に影響を受けた西洋の画家たちの作品が中心に展示されている・・・名だたる画家たちもクマと同様に、この北斎に感銘を受けたのだろうクマ・・・

  f:id:shakeflower93:20180126071617p:plain

その日の夜・・・ひさびさにお酒を飲んで寝ているクマの枕元に・・・

f:id:shakeflower93:20161029110112j:plain

(クマよ・・・森のクマよ・・・)

 

(がバッ)

『き、聞こえる・・・北斎の声が・・・!!時空を超えて・・・

 

f:id:shakeflower93:20180126074820p:plain

(ズアッ)

 

(いかにもわしは葛飾北斎じゃ。森のクマよ、そなたは今、己の魅力の引き出し方にあぐねておるな?)

f:id:shakeflower93:20180105081325p:plain

『ほ、北斎・・・!なぜそれを・・・』

 

f:id:shakeflower93:20180126074957p:plain

(ほほほ・・・今日わしの展覧会に来たじゃろうが。これはまた頓狂な、それでいて優れた眼光・資質を持つ森のクマが来たと思い、注意深く観察していたのじゃ)

 

f:id:shakeflower93:20170904003615p:plain

(優れた眼光・資質を持つ森のクマ)

『くぅううっ北斎さん・・・!そうなのです、森クマはその天才的なセンスで作ったLINEスタンプを売りたい・・・売りまくって生活を安定させたい・・・!しかしあまり売れないのですクマ!』

 

f:id:shakeflower93:20180126075014p:plain

(案ずるでない森のクマよ。そなたの描く絵は十分に美しい・・・わしの力を貸してやろう・・・時空を超えておまえにオーバーソウルしてやろうじゃないか)

 

『ほ、ほんとですか北斎様!!やったー!!!北斎様の力があれば、この時代のトップクリエイターどもをごぼう抜きですよクマ!!』

 

f:id:shakeflower93:20180126075024p:plain

(ただしわしがオーバーソウルできるのは1日1ミリ秒だけじゃ。あとはわしの余韻でがんばってほしい)

 

 

f:id:shakeflower93:20180124101419p:plain

・・・朝起きると・・・枕元に

 

 (北斎先生ー!!!!)

(実際には電子書籍のが便利)

 

さっそく北斎漫画の絵に習ってスケッチをしてみる・・・

 

ぐぅっ・・・!!

 

ぎぃいい・・・!!

 

くぅぅ〜!何かを参考にして描くなんて何年ぶりクマよ・・・もうだめ・・・もう飽きそうクマ!

 f:id:shakeflower93:20180126075156p:plain

(ズアッ)

 

(00:00:00)

 

『か、感じる!!北斎を!!』

 

(00:00:01)

f:id:shakeflower93:20180126075247p:plain

 

(シューンッ)

 

ーそれはまさに刹那の時間であった。

しかし森のクマは確かに聞いたのだ。

時空を超えて、今尚語り継がれる絵師の声を。

 

(森のクマよ、自分は北斎漫画を図書館で借りたくせに、アフィリエイトでわしの画集を売って日銭を稼ごうなんぞ考えてはいかんぞ?)

 

f:id:shakeflower93:20180126084531p:plain

 

(どっきーん)

(案ずるな!売れる!いけるぞ森のクマ、今年こそおまえのスタンプもゲームも大ヒットじゃ!わしが認めた!)

 

f:id:shakeflower93:20161008013317j:plain

『うぉおおおおんんクマぁああああ!!!!北斎先生ーーーー!!!』

 

こうして森のクマは稀代の浮世絵師と時空を通じてお互いを刺激するライバルとなったクマ。ライバル。

上野の西洋美術館で開催している展覧会「北斎ジャポニスム」、今週末が最後のチャンス!ぜひ行って観てはいかがクマー!!(めっちゃ混むからお早めに!)

 

北斎が毎日1ミリ秒オーバーソウルする前の、純度森クマ100%LINEスタンプもよろしクマー!!

f:id:shakeflower93:20180105095911p:plain

(第1弾。この時はまだ目が離れていた)

 

f:id:shakeflower93:20180105095922p:plain

(第2弾。少女を畜生から救う感動の物語が描かれる)

 

f:id:shakeflower93:20180105095932p:plain

(第3弾。コーヒーに関係したスタンプは3枚しかない)

 

森クマのゲームもよろしクマー!!

f:id:shakeflower93:20180123102607p:plain

Get it on Google Play
 

 

 (北斎先生ー!!!!)

 

f:id:shakeflower93:20180126075156p:plain