読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森クマblog

スマートフォン向けアプリ開発者の奮闘記

予約トップ10の特典機能を使ってみるクマ! 新作ゲーム「KUMANTA」予約開始!

KUMANTA アプリ 収益

新作ゲーム「KUMANTA」の予約を開始して1日が経過した、森の開発室。

予約トップ10様にはいつもお世話になっていますクマ。

 

f:id:shakeflower93:20160705231418j:plain

(予約開始前の森クマ)

 

OL「1日経ったし、そろそろ様子をみてみましょう。予約数が1000に届いてなかったら、足蹴にしてやりましょう

f:id:shakeflower93:20160705234311j:plain

(ぎぃ〜・・・)

OL「・・・やけに静かね・・・逃げたかしら」

 

f:id:shakeflower93:20160705232610j:plain

OL「ひぃっ!! し、死んでる・・・!!」

少女「パソコンついたまま・・・予約数は?」

 

f:id:shakeflower93:20160705235426p:plain

(予約数:52)

 

 

OL「し、心臓マッサージを・・・!心臓はどこ!?」

少女(シュッ)

f:id:shakeflower93:20160706002958j:plain

OL(しょ、少女さん・・・!!)

 

森クマ「もうだめクマ・・・森に帰りたいクマ・・・」

OL(目標値の5%・・・さすがにかける言葉がみつからないわ・・・)

 

少女「予約特典」

f:id:shakeflower93:20160525172741j:plain

森クマ&OL(よ・・・よやくとくてんっ?)

 

少女「アプリを予約してくれる人に特典を配布することで、予約促進が見込めるわ。ソシャゲが"予約限定カード"って出すアレね。予約TOP10で使える一番簡単な配布方法は、オーソドックスな特典ID方式かしら。」

 

森クマ「予約ページでユーザに特典配布用のIDを配布できる方式クマね。アプリ側はあらかじめ特典コード入力画面&特典付与機能を仕込んでおく必要があるクマ」

OL「うーん、でもKUMANTAに特典をつけられるような要素ってあったかしら・・・クマがマンタで空を飛んで撃沈されるゲーム・・・」

少女「自キャラのステータス(防御力とかスピード)をあげるとか?」

森クマ「も、森クマのイラストを贈呈す

妖精「マンタだよ」

 

f:id:shakeflower93:20160706003855j:plain

 

妖精「プレイヤーが、マンタを選べるようにしてやればいいじゃねぇか」

 

そして・・・

f:id:shakeflower93:20160705222228p:plain

 

 

近距離避けゲー「KUMANTA」予約よろしクマー!!

・・・また機能が1つ増えてしまったクマ・・・!!