読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森クマblog

スマートフォン向けアプリ開発者の奮闘記

夜の病院テラヤバス 〜森クマ入院体験記〜

ホラー 日常

ちょっと前に体調を悪くして、10日間ほど入院してましたクマー!!

病院といえば怪談!!そんなわけで今回は特別ホラー編クマ!!

 

f:id:shakeflower93:20160515202935j:plain

 

入院生活は快適そのもので、看護婦さんたちも優しくてご飯も美味しくて、ここは天国かと思ったクマ。パソコンを持ち込んで、プログラムの勉強もできたクマ。

 

f:id:shakeflower93:20160515204554j:plain

 

体調は順調に回復し、10日ほどで退院可能に。

そして退院前日最後の夜・・・

 

f:id:shakeflower93:20160515204612j:plain

 

それまで怪異に遭遇しなかったため、調子に乗った森クマは、夜の病院を探検することにしましたクマ。

 

f:id:shakeflower93:20160515204622j:plain

 

ナースステーションが近くにあるため、そんなに暗くない廊下。

サイレントヒルみたいなことにはならない。それが森クマの気を大きくさせたクマ。

 

調子にのって、病院の1階から順に回ってみようと思い階段に行ったんですよ。

そしたら

 

f:id:shakeflower93:20160515203135j:plain

 

f:id:shakeflower93:20160515203148j:plain

 

f:id:shakeflower93:20160515203157j:plain

 

階段の踊り場から、点滴を持った看護婦さんとおばあちゃんがじーっとこっちを見上げていて。全然動かないんですよクマー。

 

f:id:shakeflower93:20160515203213j:plain

 

そっと自分の病室のベットに潜り、スマフォをつけて怖くないようにする森クマ。

 ・・・しばらくして、ベットのカーテン越しに、病室の入り口のほうに気配を感じたんですね。

そして、

 

チカッ

チカッ

 

f:id:shakeflower93:20160515203231j:plain

 

って、病室に光が差し込んでは消え、差し込んでは消えるんですよ。

夜の病室は暗いから、光がつくたびにドアのほうにいる人の影が天井に映って。

あー看護婦さんの見回りかーって。懐中電灯持ってきますものね。

でもおかしいんですよ。

 

チカッ

チカッ

 

いつまでたってもずーっと、懐中電灯をつけたり消したりして。

もう8分くらい経ったかなぁ・・・

 

チカッ

チカッ

f:id:shakeflower93:20160515203247j:plain

 

光が点滅する度に、天井に映っている人影の腰回りが妙に太くなっていって。

やがて2つに分離したんですね。

ああ、もう一人重なっていたんだなって。

 

f:id:shakeflower93:20160515203307j:plain

そして二人?でボソボソと話すような声が聞こえる。あぁ、これ聞いちゃだめなやつだなって。そしたら声が

 

 

 

 

 

f:id:shakeflower93:20160515203321j:plain

 

 

 

 

(チュンチュン)

 

 

 

 

f:id:shakeflower93:20160515203332j:plain

 

「おはようございますー!!」

 

f:id:shakeflower93:20160515203352j:plain

 

 

あれは・・・夢だったんですかねぇ・・・

 

 

UMAの恐怖を描いた新作ゲームアプリ「UMAの憂鬱」はAndroid/iOSで公開中ですクマー!!


UMAの憂鬱 アマゾンに怪物アッチャパルピカは実在したけど!

 

 

入院中にお世話になった病院の皆様、ありがとうございましたクマー!!

・・・それにしても・・・あれは夢だったんですかねクマ・・・